2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イラク戦で、米国に新マッカーシズムの動き 英紙が報道

1 :擬古牛φ ★:03/03/30 23:59 ID:???
★マッカーシーの亡霊

McCarthy's ghost
http://www.guardian.co.uk/comment/story/0,3604,922542,00.html

 米国で反戦の動きに対する無分別な弾圧が激しくなり、
1950年代のマッカーシズムの亡霊が復活している。
 反戦デモ隊に対する逮捕と拘禁、疎開などが日常化しており、
これによって米国の民主主義が、戦争のため犠牲になっている。



2 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:00 ID:unfNKyv0
2

3 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:00 ID:dk68tdkQ
早く誰かかけよ

4 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:02 ID:MtHkrbUD
戦争反対がアカ 戦争賛成がアオ どちらにつこうか様子見がキ

5 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:05 ID:61XLbje2
「ままかり」だっけ?

6 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:05 ID:L7TVOk/I
>>4
それはマッカーシズムにかけた駄洒落じゃないだろうな???

7 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:06 ID:vBq/lVOg

キティウヨの主張がどんどん北とそっくりになるのと同じだろ。
よくあることだ。

rightwing talkshow host
rightwing talkshow host

It's drive time with WABC's rightwing talkshow host, Curtis
Sliwa, and Bill is on the line from the Poconos in Pennsylvania
with a tale so funny he can hardly share it for giggling.


He was carrying an American flag and yelling support for the
troops in a delayed St Patrick's Day parade over the weekend
when he saw one woman carrying a sign saying: "No blood for oil".

"She was wearing black and she was an older lady," says Bill.
"And then our sheriff saw her and she didn't have a permit. So
they put her in the back of the truck car and hauled her away."

8 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:07 ID:3IUU3msp
>>5
ママチャリ

9 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:07 ID:RgCTJWpc
age

10 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:09 ID:vBq/lVOg
ネットも監視の対象か。ますますイラクみたいになってるなw

Barry Steinhardt, director of the American civil liberties union
programme on technology and liberty, told the New York Times that
authorities have been demanding records from internet providers and
libraries about what books people are taking out and which websites
they're looking at.

11 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:10 ID:VBePBfya
でもさー
戦争反対デモで人殴ってたら見も蓋も無いと思うんだけど。
機動隊と外交努力しないの?

12 :森の妖精さん:03/03/31 00:11 ID:mWJVUuow
社民党=北朝鮮レッドパージ希望。

13 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:11 ID:66qgc8tr
日本だと左翼とかが反戦運動を主導しているわけだが、アメリカの場合、どう
いう連中が反戦運動を引っ張ってるのかね?

14 : :03/03/31 00:12 ID:Kh/QUvTQ
漏れの職場にもマカーイズム剥き出しの腐れマカーがいてまいってるけどな


15 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:13 ID:61NKqyQ2
てst

16 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:14 ID:dxVkbmu6
>13
ビート、フラワー族の成れの果てじゃないすか?
もしくは↑世代の子供たち

17 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:17 ID:ouNdw3me
>>13
アラブ系とかリベラル

18 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:19 ID:QjPgbzv5
>>10
こういうの見ると日本の既知害サヨも少しは役立ってるのかと思えるね
日本でこんなことしたら叩かれまくるし

19 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:20 ID:Uy9kmZ44
>>13
英米は日本と違ってリベラルの分厚い層があるからな。
日本はリベラルがほとんどなくてその代わりに左翼政党系が
リベラルの主張を行ってる。
共産党の主張はアメリカのリベラルとほとんど変わらない。

20 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:22 ID:usozteDC
 中国で反体制の動きに対する無分別な弾圧が激しくなり、
1950年代のカニバリズムの亡霊が復活している。
 反体制デモ隊に対する殺戮と強姦、食人などが日常化しており、
これによって中国の共産主義が、食人のための機関になっている。



21 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:24 ID:JKiqkuVf
>18
しかし、逆にキチガイっぷりが強すぎて、ちょっと弾圧して潰してほしい
とか思わなくも無かったり・・・

22 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:26 ID:bQ1DVbuV
日本のメディアがアメリカを「米帝」と呼ぶ日もそう遠くないな。

23 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:27 ID:AZkrRCt2
はっはっはっはっは。
もう終わりだなアメリカ!
ここからいくら軌道修正しようともうどうにもならんぞ!

24 :マグロ男:03/03/31 00:27 ID:lxjJuYGk
>>14
別にWindows弾圧する訳じゃねーから実害ねーだろ。精神的にはウゼーかも
しんねーけど。
>>20
1970年代の文化大革命時代もあったらしいな。

25 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:29 ID:pXhMk14Z
>>1
マッカーシズム下のアメリカ五十年代に左翼デモって起こったのか?


26 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:30 ID:0RxblUum
疎開が日常化って何よ。

27 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:32 ID:AZkrRCt2
911テロ遺族が逮捕されたって夕方のニュースで言ってた。
見境もなくなってるようだ。

28 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:34 ID:V4yTnxpf
アメリカが標榜する「自由と民主主義」の底の浅さがしみじみとよくわかるな。
んなもん力づくで宣教しようとしても誰が喜ぶかよ!

29 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:36 ID:bQ1DVbuV
まぁ日本の自由の素晴らしさを再認識できますな( ´ー`)y-~~

30 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:46 ID:pKVeUolk
>>19
リベラルもないけどネオコンもないよ
日本の保守は対米従属なだけなので、アメリカが右と言えば右、左と言えば左。

日本の政治に普通の意味の右翼はいない。
石原新党でも出来ないもんか。

31 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:46 ID:KjB1VMSg
マッカーシーイズムかと思っていた。
>>1
ブルース・ウィルスとかリュック・ベンソンとか
ファンタジックとか荻原舞とか,
[映画]小林サッカー(DivX5).avi とか,
誤記に無頓着なかたですか?いとしいしと?
ジョージ・ぷッシュ大統領とか?

32 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:51 ID:yzIu8r80
>>31
??…。

ああ。
>★マッカーシーの亡霊
これか。パッと見わからなかった。

33 :名無しさん@3周年:03/03/31 00:52 ID:iMXc1DK4
イラク戦の一連の報道見るかぎり
北の将軍様よりブッシュとネオコンの方がキモイ。

34 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:09 ID:DsceG1Zt
日本には チョンコ一掃イズムが必要なのだが

35 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:14 ID:LaLzDjMM
要するにイラク憎しは近親憎悪という事か

36 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:18 ID:wKfSz4Zn
>>34
チョンコなんて2chのネタにちょうどいいだけで、日本政治全体から見れば大した問題じゃねーよ。
中国人犯罪者のほうがよっぽど差し迫った問題と思われ。

37 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:25 ID:ayVmjwNb
崩れ落ちるボブサップに
アメリカ崩壊を予感した


38 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:30 ID:esLfWJNx
スレタイ、「某紙が報道」に見えたよ。
で、またあそこか・・・と。

39 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:32 ID:Mn4dqZNh
ウヨってのはどこの国でも害基地だな

40 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:33 ID:pXhMk14Z
争乱にはまだまだ早い。
州兵が学生を虐殺するぐらいまでいかないと。

41 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:35 ID:pKVeUolk
>>35
フリーザがベジータを警戒したようなもんだね。

今のアメリカは、ジャイアンというよりフリーザで例えたくなってきた。


42 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:37 ID:DiuozyjK
>>13
極右の一水会も反対しているみたいですが。
戦争賛成→右 反対→左
という決めつけはよくない。ハト派の右翼もいれば、タカ派の左翼もいる。
全てを2軸に分けるのはブッシュ並の知能

43 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:43 ID:mBOHoBJr
なんか皆さん素直すぎませんか?

44 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:44 ID:Y2975i/p
一水会を極右と言われてもなー。

45 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:48 ID:Y2975i/p
日本も、北と戦争になればアサピーや総連にダンプで突っ込んで、
連中に「自主規制」をしてもらうと思うが・・・。

46 : :03/03/31 01:50 ID:Kh/QUvTQ
そちょくで何がわろい!?


47 :名無しさん@3周年:03/03/31 01:53 ID:1Nzk/70u
人間関係でもさ、自分と同じ欠点を持った奴って一番喧嘩になりやすいんだよね。
アメリカがイラクに粘着荒らし加えてるのも何かそう見ると納得行く。

48 :名無しさん@3周年:03/03/31 03:26 ID:ejfXdsAw
まあ、不毛な事に時間と金と命、ガンガン費やして滅びるがいい。

さよなら、アメリカ!アメリカの音楽は好きだった!でも黒人が作ったものだけね(W

49 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:21 ID:KD16Drpm
マッカーシズムて何よ。

50 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:25 ID:JVED/0Xw
赤狩りじゃなかった?
マッカーシーとかいうおっさんが共産党員ガッツリ狩ったの。
ハリウッドとかもそれで結構もめたはず。
大分昔のお話だけど。

51 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:33 ID:KD16Drpm
赤狩りッスか。
アメリカの中

52 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:34 ID:214dsDKb
    ★大人の情報局★
http://www.pink-angel.jp/2/index2.html

53 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:39 ID:Ny7LLVtY
>>51
ていうかアメリカがマッカーシズムに染まってたから
日本も追随して赤狩りをやったんだよ

54 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:39 ID:YLgP4Q+c
http://www.kt.rim.or.jp/~tfj/talk/Krugman-Channels.html

暇なのでこんなの読んでる。

55 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:42 ID:MzPyXo4R
>>53
GHQの命令でね
当時の日本はアメリカ占領下だったよ

56 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:44 ID:Ny7LLVtY
>>55
そゆこと  

57 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:45 ID:qwLYyb2O
>>50
ヒトラーの物真似してたコメディアンを国外追放したやつだろ

58 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:49 ID:JVED/0Xw
>>57
ん、あの山高帽にステッキのヒゲおじちゃんな。
他にも、その時に仲間を売ったせいで未だにハリウッドで嫌われてる監督もいたはず。

59 :名無しさん@3周年:03/03/31 04:54 ID:JXt/hJkj
>>54

おお、クルーグマン。
まったく経済に絡んでない評論もかくのね。

60 :名無しさん@3周年:03/03/31 05:13 ID:YLgP4Q+c
>>59
ニューヨークタイムズの連載らしい。
アメリカもいろいろなんだな。

61 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:26 ID:QoPzKoeX
僕の肛門もモンロー主義に陥りそうです。

62 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:30 ID:R5JRtWOL
アカは狩られても仕方ない。
KBGは伊達じゃない。

63 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:38 ID:uYvsSuDF
赤狩りでは、共産党でなくても、お前共産党だろ、と決め付けられたら
それこそ公職追放されたのだ。
マッカーシーのアホさ汚さを暴いた奴がいてやっとそれで収まったそうだ。


64 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:42 ID:/wLDFnsd
金正日は口だけだが、ブッシュはやっちゃうところがヤバイ。

65 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:43 ID:8MwI/bQM
>>63
お前共産党だろ

66 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:44 ID:uYvsSuDF
米国の反共意識は凄くて
中南米ではどんな軍制独裁圧制でも反共であればOK.
チリの軍事政権の恐怖政治はそりゃすごかったらしい。
アジアでも同じで、
韓国や台湾の独裁政権の圧制は酷かった。
アメリカも日本もそれを支持しつづけたのだが
彼等が自分で血と汗を流してやっとのことで民主主義を手に入れたのだ。
(政党があったから独裁じゃないなんて抜けたことはいわんでくれよ)


67 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:45 ID:uYvsSuDF
65お前マッカーシーか?

68 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:47 ID:MaTs0uEa
左翼主導の反戦運動など弾圧して別にかまわないだろ。

69 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:47 ID:pjPv+O64
ジョセフ・マッカーシーで検索すれ

70 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:48 ID:E+SFgkHC
お薦めの本

書名 : 眠れない時代 (ちくま文庫)
著者名: リリアン・ヘルマン
文庫: 196 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 筑摩書房 ; ISBN: 4480022953 ; (1989/03)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480022953/

●内容
 1940年代末から50年代にかけて、アメリカではげしい思想弾圧が行なわれた。
下院非米活動委員会による共産主義思想の持ち主、およびその同調者とみなされた
人々の召喚、それに続く少なからぬ数の投獄―いわゆるマッカーシズムである。
ヘルマンは召喚され、彼女の愛した作家・ダシール・ハメットはその手にとらえられた。
本書はハメットへの思いを軸に映画人、作家など多彩な登場人物を配して、
恐怖の時代を細部から描いた貴重な証言である。

71 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:50 ID:JXt/hJkj
http://www.kt.rim.or.jp/~tfj/talk/Krugman-Channels.html
これ読め

72 :名無しさん@3周年:03/03/31 07:54 ID:E+SFgkHC
>>70
よく見たら、その本は絶版なので、こっちが入手しやすいかも。
著者のリリアン・ヘルマンは米国で最も人気のある劇作家で、
共産主義者というレッテル貼りによる言論弾圧と真っ向から
戦うことを最初に宣言した作家の一人です。

書名 :未完の女―リリアン・ヘルマン自伝 平凡社ライブラリー
著者名:リリアン ヘルマン (著), Lillian Hellman (原著), 稲葉 明雄 (翻訳), 本間 千枝子 (翻訳)
新書: 452 p ; サイズ(cm): 16
出版社: 平凡社 ; ISBN: 4582760066 ; (1993/06)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582760066/

内容
スペイン内戦、第2次大戦、赤狩り…。
荒れ狂う歴史の波に翻弄されながらも、自らの直感と正義を信じ、
「劇的」かつ「熱狂的」に生きた女性劇作家の回想録。

73 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:01 ID:EoHwmQh9
共産主義の何が悪いの?

74 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:05 ID:E2qqpunR
そろそろアメリカも核兵器をバクダッドに落とすのを検討し始めてるみたいだね。
きのこ雲一発でアメリカ勝利確定!
これで日本も戦勝国の一員だ。

75 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:07 ID:7xYFwMWU
前の湾岸の時も反戦ぽい事言っただけの
高校生が退学処分にさせられたな

退学それじたいよりもその後に起こした裁判も不条理に負けてたのが
マカーシーだた

76 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:10 ID:8U0bHNjF
あまりに基本的なことだが、

社会主義 --発展形--> 共産主義

社会主義、共産主義 <-- 対立要素 --> 資本主義+民主主義

主義そのものに善悪はありません

77 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:21 ID:uYvsSuDF
人に何々主義とレッテルを貼って
言論や行動の自由を奪うことこそ民主主義と正反対の態度。
どっかのベルリンの壁崩壊前の社会主義国の裏返しだ。

78 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:25 ID:uYvsSuDF
↑思想が裏返しでもやってることは同じ、ってこと。
言葉足らずでした。

79 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:33 ID:2QFYGNzV
>73 右翼のスポンサーの人に不利だから悪いんです。

80 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:34 ID:JAS8NEHr
結局こいつらの言う自由なんて自分らに都合のいい自由なんだよ。すげえエゴだぜ。
せっかく911テロで同情買ったのに、あっという間に嫌われまくりだな。

81 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:46 ID:DxaSNTnH
 日本で盗撮の動きに対する無分別な弾圧が激しくなり、
1950年代のマーシズムの亡霊が復活している。
 パンチラ盗撮隊に対する逮捕と拘禁、疎開などが日常化しており、
これによって日本の表現の自由が、女子高生のため犠牲になっている。


82 :名無しさん@3周年:03/03/31 08:51 ID:gGGtoXOu
>>76
一応補足すると,
この構図は東西冷戦イメージとしては合っているが,
原理的には誤っている。
例;共産主義は資本主義が前提。民主主義はすべての前提。
本気で知りたい人は政治学や経済学史の入門本を立ち読みせれ。
暇人なら,カール・シュミット『政治的なものの概念』でも
レーニン『帝国主義』でも読め。
>>70
すごく面白い本(語弊があるかも知れないが)。少なくとも映画好きには
おなじみの人物が続々。ドキュメントでありハードボイルドでもある。

83 :名無しさん@3周年:03/03/31 11:00 ID:J95lmmYJ
>>1
極右→マッカーシズム →人権抑圧
極左→スターリニズム →自国民大量虐殺

84 :名無しさん@3周年:03/03/31 11:04 ID:ZjCYQCfU
日本の戦時中は東条イズムとか言われているのか?

85 :名無しさん@3周年:03/03/31 11:06 ID:8U0bHNjF
>>84
あれは単に軍事政権下の弾圧運動だからねぇ・・・とくに言葉はないかも


86 :名無しさん@3周年:03/03/31 11:06 ID:Hyk7pCWV
ジョージ・オーウェルが呆れ果てています。

87 :名無しさん@3周年:03/03/31 11:12 ID:5ts52OwA
>>76
資本主義 --発展型 --> (社会主義) --発展形--> 共産主義

がマルクス的には正しかろう。



88 :名無しさん@3周年:03/03/31 11:13 ID:8U0bHNjF
>>82 >>87
フォローさんx
一般的には対立の図式として知られてるから
ああいう風に書いた方がよかったかなと思ったのが間違いだったか。

89 :名無しさん@3周年:03/03/31 11:14 ID:O6EUM9nC
>81
マジレスすると、アメはパンチラ撮影OKの判決が最近出てる。
公共の場ではパンチラ盗られるのはやむを得ないとか。
逝ってパンチラとって来い。

90 :h:03/03/31 11:25 ID:0tAC7vw0

アメリカって、マルクス系の共産党、社会党みたいな政党は無きに等しいんだよね。
学生なんかはマルクス思想にかぶれただろうけど、労働者は土着の独自路線で
労働組合とか作って運動していたので、マルクス系の思想、運動家には実質的な支持が
存在しないに等しかった。まぁ二大政党制だからというのもあるだろうけど、やっぱ
冷戦時代は西側の騎手だったから、国内にあからさまなマルクス主義者をのさばらせる
わけにもいかなかったのかもね。ヨーロッパには共産党、社会党がたいがいあるけど。
自由、自由と言う割には、そう自由でもなかったりする。未だに、アメリカに帰化する
時のチェック事項に、犯罪歴が無い、病歴が無い、とかと一緒に共産党と関わった事が無い、
がある。共産主義者はアメリカ市民になれないぽ。

91 :名無しさん@3周年:03/03/31 14:51 ID:G+FNplFQ
マッカーシズムってことは武力で打ち負かして乗り込んで、はりきって
民主的な傀儡政権(矛盾)を打ち立てようとして・・・
「貴方がたに独自の事情があることを知りませんでした。
これはアメリカの手に負えません。貴方がたで決めて下さい」
で放り出す、あのやり方か?

92 :h:03/03/31 14:56 ID:0tAC7vw0
>>91
それは別人。

93 :名無しさん@3周年:03/03/31 14:58 ID:+IYtHvxo
アメリカの崩壊を垣間見た

94 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:02 ID:bLulOdyj
マッカーシーって名前は、アイルランド系か。


95 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:06 ID:06NSVxyC


アカ狩りやぁ〜〜〜〜〜〜、アカ狩り!

日本でもアカ狩り始めるぞぉ!!!!!!

96 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:11 ID:klBz+BVb
天然記念物だぞ!むやみに獲ったらいかん。
見つけてもそっとしといてやりなさい。

97 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:14 ID:BN6kmnjl
アメリカザリガニのことをこう呼ぶ地域があるよな。

98 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:21 ID:YLgP4Q+c
ヨーロッパは社会主義の伝統が長いから、
マルクス主義がこけても社会民主主義系の政党は生き残ってるんだよな
階級対立が強いってこともあるんだろうけど

99 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:35 ID:Lo+eWO01
たしかにイギリスでは公然と「私は社会主義者です」
というアーティストが多いね。

100 :お約束:03/03/31 15:36 ID:ooZRA40T
>97 それは「まっかちん」

101 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:38 ID:2xUjiurs
>>97
そりゃ「まっかちん」な


おれって親切?

102 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:39 ID:BN6kmnjl
>>100-101
ありがd・゚・(ノД`)・゚・


103 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:39 ID:CI9/qnHA
要するにチャップリンを国外追放にした運動だ

104 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:48 ID:zfVvPQLJ
正確にいうと、米国内では、マッカーシズムは「赤狩り」というより(共産主義の
排除は国民一致の大前提なので)政府やマスコミ、教育機関等の関係者に対して
極端に密告を煽り、それがセンセーショナルな形で取り上げられるというような
ことを指しており、問題は「赤」を狩ったことにあるのではなくて、でっち上げで
有能な人間を上記機関等から追い出してしまったことにある、つまり中国の文革の
ような捕らえられ方をされている模様。 参考文献 「マッカーシズム」中公文庫

105 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:49 ID:YLgP4Q+c
ちなみにウォルト・ディズニーも嫌疑かけられて大変だったようだ。

106 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:51 ID:5uIqjquk
>>104
有能でも左に偏っているのはイラン。

107 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:52 ID:kEcayKOT
リンゴの模様のついたパソコン使ってる人でその優位性を信じてるひとのこと?

108 :名無しさん@3周年:03/03/31 15:55 ID:xeWy4ND/
>>104
アメリカ人一人一人が疑心暗鬼になって、誰彼かまわぬ
「魔女狩り状態」になってるってこと?
この機に乗じて、ライバルを蹴落とそうとするヤツもいるんだろうね。


しかし、アメリカって自由だ自由だっていうけど、戦時になると
世界でも珍しいほどの情報統制・言論弾圧国家になるよなー。
アメリカ人って、実はあんまり自由じゃないんじゃ……?

109 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:00 ID:zfVvPQLJ
>>106
言葉が足りなかったかもしれない。
少なくとも政府機関で言えば、「左」寄りは当時米国ではすでに大部分放逐
されていたにも関わらず、単にマッカーシー上院議員と折り合いが悪かった
とか、作成文書の中にソ連の資料を使ったことがある(これは対ソ連対策の
為には必須のはずなのに)が入っていたとかの理由で「赤」と決め付けられた
ことが問題だったとされているということ。芸能関連は書いていないので知らん

110 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:02 ID:5uIqjquk
>>108
他人のことは言えないよ w
日本人も・・・・

111 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:04 ID:o/1XnLCE
>>108
大抵の国はそうだよ。
ロマン・ロランだって反戦を訴えてフランス人から非国民扱いされたし。
フランスではその他、アルジェリア出身のサッカー選手(2部リーグ)が
アルジェ侵攻を非難する発言をしただけで家を焼かれたことがある。
あの50万人大虐殺ね。



112 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:04 ID:+JwTtCG1
>>109
読解力に欠けた106にはどう説明しても無駄と思われ

113 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:10 ID:zfVvPQLJ
>>108
本見ているだけだから何ともいえないが、それに近いことのよう。
著者によれば、結局は上司とか同僚が気に食わないからなんか理由をつけて
密告ってのが一番多かったらしい


114 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:18 ID:xeWy4ND/
なるほどなー。
アメリカだけじゃないのか。

今の日本で、北朝鮮に対する戦争が始まったら、
言論の自由はどの程度確保されるかなー。


115 :山崎渉:03/03/31 16:19 ID:i+DXbRdb
(^^)
とある田舎の中学校のHPを100万HITさせようという企画を実施中です。
興味を持たれた方は是非一度アクセスをして、お気に入りに登録して1日100アクセスをして下さい。

キリ板ゲッターには業火商品を差し上げます!運試し感覚でアクセスして頂くのも大歓迎です!

アドレス→http://www.niigata-inet.or.jp/nishichu/

※暇な方はこの文章を他の板にばら撒いてもらえると幸いです(^^)

116 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:22 ID:0unr7cgF
>>80
9/11のテロすら自業自得だろ?

117 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:23 ID:h3Kk022K
>>76
民主主義の対立要素はファシズムだろ?

118 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:25 ID:VNwMK6St
>>62

KBG?

119 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:26 ID:YTqW9QPT
>>45
この前民主党の議員も一人狩ったしな

120 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:27 ID:mJ4M0mo4
>>37
サップは目は大丈夫なのか?

121 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:29 ID:xeWy4ND/
>>120
目の周りが折れてるっぽい。

ありゃダメだ。

122 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:30 ID:mJ4M0mo4
いや、眼球や視力に影響はないのか?

123 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:31 ID:SZYc/Qhv



   アメリカの「新保守派」は、ネオナチと同類と言うことだ





124 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:31 ID:NXE1BHi0
>104
ハリウッドではトラウマとしての部分と「なかった事にしたい願望」との相克に今だ苦しんでいる。
だから後年、アカデミー賞で「エデンの東」のエリアカザンが特別表彰された時も大ブーイングが巻
き起こったりした。

125 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:32 ID:W3JKFMjU
マッカーシズムもマオイズム(毛沢東思想)もシオニズムも、
スターリニズムもナチズムもコミュニズムも全てが、
単なる敵対勢力をターゲティング化するためのレッテル貼りであることに気付いたほうがいい。
つまり、理由などどうでもよいということだよ。
気に食わなければ叩いてしまおうというもの。
今日のTVでアメリカの従軍牧師が、イラク最前線で兵士達にいかに神の教えと戦闘との矛盾に
苦しまないように説教していたのが映っていたよ。
その黒人牧師は、理想のための戦いでの殺人は神の教えと矛盾しないと言っていました。
結局、人間って、なんでも自分に都合のいいこともわるいことも合理化してしまえる。
その傾向が最も強いのが、みなさんお気付きのように「U.S.A」です。

126 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:32 ID:FtjRJgWo
大米帝国

127 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:32 ID:xeWy4ND/
>>122
一応試合直後も目は開いてたし、直接的なダメージはないんじゃない?

血が眼下にたまって圧迫どうこうってのなら分からんけど。

128 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:37 ID:1Wo6E/YZ

 戦争キチガイどもの祭典



129 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:39 ID:L8n90Dq8
マッカーシーというのは日本に来たアレとはちがいますか?

130 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:40 ID:uLJtgq61
民主主義が崩れてるってもさ、
民主主義の結果選ばれた大統領が、世論調査でも支持を得た攻撃をしているんだからさ、
それに反対する人間は単なる我侭ってことだろ。

多数決で負けたから何をしても言いつうのが民主主義だっていうのなら別だがね。

131 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:40 ID:xeWy4ND/
>>129
違います。

132 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:43 ID:LpzmRddn
>>130
法律って知ってるか?

133 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:57 ID:rt3ZA06r
>>130
イカサマって知ってるか?

134 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:57 ID:uLJtgq61
>>132
アメリカでは、多数決で負けたら何をしてもいいっていう法律があるのか?

135 :名無しさん@3周年:03/03/31 16:59 ID:7JZFoA2G
>>130

いっぱい釣れてよかったな

136 :名無しさん@3周年:03/03/31 17:06 ID:X9Rcs374
>>130
勝ったら何してもいいんだー

王様ゲーム主義?

137 :名無しさん@3周年:03/03/31 17:09 ID:yAkRggAl
>>125
イスラム神学者の言うジハードも同じような理屈付けでしょうな。
自殺は大抵の宗教で禁忌だと思うが、理想のためならOKであると。



138 :名無しさん@3周年:03/03/31 17:13 ID:yAkRggAl
>>130
独裁国家の国家犯罪に関して、民衆(取り巻きは除く)は無辜の民とい
うことになるわけだが、「民主国家」がそれを犯した場合は、どうなり
ますか?。
国家犯罪の一環を担ったわけだから、有罪?。それとも無罪?。


139 :名無しさん@3周年:03/03/31 17:19 ID:7/rZ7uqu
>>127
桜庭は眼下低骨折したけど、すぐに目が開けられないくらいに腫れたよね。
でも半年位でまた試合に復帰したんじゃなかった?
でもサップってあの試合とか観ててもなんか「おぼっちゃま」だな。

140 :名無しさん@3周年:03/03/31 17:20 ID:vR6C8lHS
>>138
有罪とするのが原爆理論

141 :名無しさん@3周年:03/03/31 18:36 ID:5TOZkJKW
>>139
でっかい赤ん坊みたいでかわいかったじゃねえかW

142 :名無しさん@3周年:03/03/31 18:37 ID:ImlPeaBs
>>117
ファシズムの独裁者はたいてい国民の圧倒的支持を背景に生まれるから
一概に民主主義に反しているとは言えない。
ファシズムを民主主義の対極に置いたのは戦勝国側のプロパガンダ。
この点は戦後のAA会議で非同盟諸国から痛烈に批判されいる。

ファシズム国家が民主主義と違うのは言論、出版、報道、思想の制限など
国民の支持を受けた勢力が対抗勢力発生の機会を奪う点。

民主主義国では野党的な存在は保護されなくてはならない。

まぁ日本のメディアのように与党的なものを無条件に叩くことを使命とする
御気楽反骨メディアもいるがな(w


143 :名無しさん@3周年:03/03/31 18:53 ID:EF2bFGk9
ハイエクの「隷従への道」を読むべし

144 :名無しさん@3周年:03/03/31 20:50 ID:CaTTWrKv
サップの話がいい具合に混じってるな。

145 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:27 ID:vRwo7iMf
125>読みました
あらゆる思想は結局利用する組織、個人がいるんだ。
個人間、会社間でもありうると思い。
そのグループ全体のためと称して、一部の人だけ暴利を
貪る。
宗教も一緒か・・・

146 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/03/31 21:28 ID:QXvPxh1s
マッカーサーとマッカーシーは違うのか・・・(*´Д`)

147 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/03/31 21:35 ID:QXvPxh1s
>>73
ロシアは破綻した。
中国よりも日本の方が貧富格差、地域格差が少ない。

共産主義は、発展途上の人類にとっては理想論過ぎる。

148 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:47 ID:JKiqkuVf
戦前の日本でも赤狩りは激しかったわけだが。
もっとも、ソ連が宿敵だったから、そりゃその影響下にある人間を
追い立てるのは当然ともいえるが・・・。

って、アメも同じ理由じゃん。

149 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:48 ID:1ufTSFIL
>>146
ぜんぜん違う(w

ネットで検索するとでていると思うけれど、マッカーシーの顔って
逝っちゃっていると思うんだよね。目がなんかスゴイ。
マッカーサーはかっこいい(と思う)。

マッカーシズム=レッドパージってことなんだけれど、このパージって言葉は
ピュアーにするという言葉から来ていて、ピュアリファイ(浄化)と同根の
言葉なんだよね。アメリカの禁酒・禁煙運動とか、反捕鯨運動にも通じるけれど、
「ちょっとの汚れ(例外)もいかん!」っていうエトスがあって、
これが魔女狩りのような集団ヒステリーに繋がるんだと思う。

そしてそのエトスの根元には「ピュアー」なものを希求する宗教がある。

150 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:49 ID:ykGnoJNs
それで例の監督はいつ方舟に乗っけてイスラム圏送りになるんだ?

151 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:50 ID:INz88g7I
>>147
理想論だからダメってことはないだろう。結果失敗しても
国民が挑戦を選択したのであれば(ソ連が必ずしもそうというわけではないが)
それは国家の問題だ。

ただ、一国家の中ではそうでも、多数国家が存在するとその体制の違い
は焦点になりやすい。共産主義は資本主義の段階にとどまることをよしと
しなかったわけだから、資本主義の段階にとどまってる連中は否定
するだろうし、資本主義の富裕層は共産主義化すれば自分たちの財産
が否定されるわけだから反共に走るのも当然の話。かくてイデオロギー
対立が国家間の対立に利用されたわけだ。

152 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/03/31 21:50 ID:QXvPxh1s
>>149
うん、辞書ぐらいは引いたよ。
こういうスレ待ってた。勉強になるよ。

マスコミはこの辺特集しないのかなあ。(*´Д`)

153 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:51 ID:MtHkrbUD
マッカーシズムって2chでいつもそうじゃん(w 
まあレッテル貼りが好きな馬鹿がかかる病気だけどね

154 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:52 ID:1ufTSFIL
>>148
戦前はソ連がとくに宿敵だったわけじゃないんじゃないの?
天皇制という言葉を発明してしきりに攻撃していたから
共産主義者が弾圧されたんだと思う。

むしろ朝鮮戦争の前後に、共産主義者の公職追放がなかったっけ?

155 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:52 ID:PbM2xG8M
エエカッコシーイズムの動きはないのか

156 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:52 ID:DvkW2B+w
>>153

レッテル貼られるほうも馬鹿だと思うが

157 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/03/31 21:53 ID:QXvPxh1s
>>151
共産主義は、共産党員という特別階級を許すのか?

158 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:54 ID:1ufTSFIL
>>151
共産主義者ですか?

>資本主義の段階にとどまることを・・・資本主義の段階にとどまってる連中は

ってあたりが、とても科学的なのでそう思ったのですが。

159 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:55 ID:INz88g7I
>>157
んー、共産主義詳しいわけではないからなあ。正確なことは言えんが、
それは理論と実際の違いってところじゃないだろうか。
まあ失敗するべくして失敗したと。

160 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:57 ID:NtFw4jJl
>>151
ばかだねきみは。
資本主義の次の段階が共産主義なわけないだろうが。w

161 :名無しさん@3周年:03/03/31 21:58 ID:INz88g7I
>>160
>>76>>82>>87

162 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:00 ID:5ts52OwA
>>154
日本でも、アメリカのレッドパージと同時期に(当然アメリカの指令なわけだ
が)同じようなことがおきている。


163 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:01 ID:INz88g7I
補足すると、資本主義の次の段階が共産主義な訳はないが、
共産主義自体は資本主義社会を前提としてるわけだから、
共産主義者から見たらそう見える、っていうことで、
別に発展的に資本主義→共産主義という展開を意味してるわけではないです。

164 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:04 ID:mua3sUiJ
資本主義下の労働者は自らの生存を維持するだけの賃金環境にまで追いやられ
その結果として共産革命が起こり、ブルジョワジーを追放して生産手段が共有化され
るんだっけか?

165 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:04 ID:1ufTSFIL
>>162
どんな感じだったのかね?アメリカに言われただけなら、本国のように、
熱狂的じゃなく付き合い程度だったのかな?

今回はイラクパージはしないんだよね?代理大使も残っているんでしょ?

166 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:06 ID:mua3sUiJ
>共産主義自体は資本主義社会を前提としてるわけだから、

その通り、つうか共産主義を謳う国家ほど資本主義により近いのだから
皮肉な結果だった。

167 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:06 ID:ykGnoJNs
>>162
もっと徹底的にやっときゃよかったのにと
近年の土井だの共産党だの総聯だのを見ると思うよ。

168 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:08 ID:m3ii1A0w
アメリカの右傾化=北朝鮮化
日本も同じ道をたどってる

169 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:09 ID:1ufTSFIL
>>163
なるほど。でも、それが発展段階論なんだよ。端折ってあるけれどさ。

>>167
だから、「人間の脳を調べれば猿の脳のことは分かるけれど、
猿の脳を調べても人間の脳は分からない」っていうんだよ。

170 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:10 ID:mua3sUiJ
私有財産を否定するのは無理がありすぎるわな。

171 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/03/31 22:11 ID:QXvPxh1s
アメリカも中国も、悪く言えば人間を信用していないということなんだけど、
組織にチェック機構があっていいよな。

思想の自由がないのは駄目だが、日本はもっと人を疑うべきなんじゃないの?

172 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:12 ID:yYMo42Tx
共産主義国じゃストライキもないから
労働賃金抑え放題だな。
企業がどんどん進出すると言う皮肉なことに。

173 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:13 ID:NtFw4jJl
>>161
「主義に善悪はない」のはいいとして、優劣はあるわな。
共産主義をなにとするかにもよるが、マルクスから
はじまった共産主義は悪だよ。壮大な虚構理論。
人類には悪しか残さなかった。


174 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/03/31 22:13 ID:QXvPxh1s
>>170
スタートレック(無限のエネルギー、通貨なし、生きる目的は知的好奇心を満たすことのみ)
ぐらいまで発展できれば違うんだろうけどw

175 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:13 ID:or5f7Zt1
そもそも歴史の必然とかいう考え方自体がキリスト教的終末論からヒントを
得て作り上げた決定論的歴史観なのであって、こうなるともうある種の形而
上学なわけで科学でもなんでもないのです。

176 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:14 ID:5ts52OwA
>>163
資本主義という言葉自体が、マルクスから来てるわけだがな。

資本主義→共産主義、へとなるべくして移行するのか、という話では実際の所
マルクスの理論はあくまで理論だったのは確かだね。

>>160は馬鹿と認定させてもらうが。




177 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:15 ID:1ufTSFIL
>>171
日本人は国内的には嫉妬深い方だと思うけれど、対外的には
お人好しだね。これは、徹底的な占領と殲滅を外国から受けた
経験がないからだと思う。

イラクの戦後を日本スタイルで考えているという話がでたけれど、
もうすっかりなりを潜めたね。無理だもん。

178 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:16 ID:INz88g7I
>>169
ん? 共産主義者からしたらそれはそうでしょう。
ただ、それが普遍的に当てはまるかというとそうではないわけなので
発展的ということを意味するわけではない、と書いたわけですが。
>>151は共産主義者と資本主義者それぞれの立場を説明しようと
したわけなので、当時の共産主義者の主張からはそう見えると
書いたまでで。

179 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:17 ID:INz88g7I
>>173
劣は悪とは限らないよ。失敗から学ぶことも多々あるし、
それがなければ先へは進めないだろう。ただ、当事者からしたら
不本意に巻き込まれたりしたらたまったもんじゃないだろうけど。

180 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:19 ID:mua3sUiJ
イタリアはかなり近い線だったんだけど、共産主義政権は瞬く間に倒れて
ムッソリーニ政権、ドイツも似たような感じだったね。
現実には資本主義→共産主義→独裁政権になるのね。

181 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:22 ID:5ts52OwA
>>173
「キリスト」に起因して死んだ数とどっちが多いでしょうか。



182 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:23 ID:mua3sUiJ
共産主義思想は柔軟性をもてない宗教と同じだよね。

183 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:24 ID:ykGnoJNs
>179
失敗の一言ですますには初期の共産圏の被害者数はちと多すぎないか?
平等な世界の実現には人類を皆殺しにする必要がありましたとかの
オチがつきそうだ。

184 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:26 ID:1ufTSFIL
>>183
マァ、だから、コミュニズムであれ、ピューリタニズムであれ、
「ピュアー」の思想に取り憑かれたとき、人間は飛んでもないことし始める
って例なんじゃないの?

185 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:31 ID:NtFw4jJl
>ID:INz88g7I
きみ、微妙に釣り師っぽいね w

186 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:34 ID:zcQQB6zh
戦時下の国で主義も主張もないでしょう。
あるのは敵か味方か、民間人かテロリストか、勝つか負けるか。
それを主義や主張が弾圧されていると考えるのはどうかな?

戦時下の国民は関係のない第三者ではない。
負けるということを、もっとリアルに考えたほうがいいよ日本人も。


187 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:34 ID:yX7YvY+s
哲学的予言者としてはニーチェ>>>>>マルクス
平等主義の行き着く先は、共産主義ではなく末人の支配だった。

188 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:36 ID:1ufTSFIL
>>186
日本人も・・・なんてアメリカ人みたいな物言いだけれど、
この元記事自体はガーディアンなんだよね。

189 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:39 ID:NtFw4jJl
>>181
単に普及していた長さの違いだろ。比較しても無意味。


190 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:47 ID:dSkzufiF
>戦時下の国民は関係のない第三者ではない。

しかし、今のアメリカ国内情勢をWW2以前の意味での「戦時下」といっていいのか?
「戦争」自体の意味合いが20世紀的なものとは変わってきている。テクノロジーによる国境を越えたつながりと「ヒューマニズム」が世界をかつてないほど覆っており、そのパワーは戦争当事国よりも戦争に与える影響力が大きいかもしれない。



191 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:56 ID:OyinS6ai
マカー狩りですか?

192 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:59 ID:NtFw4jJl
>>190
>テクノロジーによる国境を越えたつながりと「ヒューマニズム」が世界をかつてないほど覆っており
フフ

193 :名無しさん@3周年:03/03/31 23:05 ID:JKiqkuVf
>190
ヒューマニズムは人間相手にしか適用されません。

黄色人種は(以下略)

194 :名無しさん@3周年:03/03/31 23:16 ID:1ufTSFIL
>>190
というか、人間中心主義(ヒューマニズム)というイデオロギーをアメリカががんばって広めて、
天安門の中国やいまのイラク・北朝鮮をそれで叩いたまではいいんだけれど、
今回もそれを大義名分にしすぎたために、先進国からは人命損傷に目を光らされるわ
アラブ諸国からはイスラム教徒の死者数に敏感になられるわで、戦いづらい闘いを
強いられているんだろうね。

195 :名無しさん@3周年:03/03/31 23:23 ID:LNFx3Rv2
産経の朝刊にはっきりと書かれていたが、反戦デモの
中心人物はあくまでも反体制、左翼の政治活動に長年携わってきた
極左のプロばかりで、政治色の薄い米国民も戦争反対という
趣旨への同意だけから多数加わっている・・・だとさ。

米国民の「ピュア」な心も政治活動に利用されてるんだね。

196 :名無しさん@3周年:03/03/31 23:31 ID:oDtFu3kC
>>195
産経読む香具師は読売も買えない極右貧困層。

197 :名無しさん@3周年:03/03/31 23:36 ID:LNFx3Rv2
>>196
おいおい極右って言われちゃったよ。
心外だなー。

198 :名無しさん@3周年:03/03/31 23:41 ID:1ufTSFIL
>>195
イロニーなのかも知れないけれど、オレの言うピュアーってのは
病んだ魂を浄火で焼き浄めたりするような気分としてのピュアーで
ピューリファイやパージ、ピューリタンと関係するような感じ。

199 :名無しさん@3周年:03/03/31 23:50 ID:LNFx3Rv2
狩る側による「ピュア」って意味ね。
紛らわしくてスマン。

200 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:11 ID:du4c0G+t
産経のあの記事元は米政府発表じゃん。
只のプロパだろ。日本じゃ左翼運動でしかないにしろ、欧米でまでそうじゃない。
もしそうだったにしろ、何万人もの反戦運動そのものの人数から意図的に目を
そらさせてる。

サヨだっきらいだけど、最近の産経も変。

201 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:17 ID:ljxanMly
>>200
「産経」と、ちゃんと出典を書いているだけ良心的だと思うよ。
産経は右翼というより、親米なんじゃないの?鹿内の頃なんか
喜び勇んでレーガンと会っていたと記憶している。

202 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:18 ID:AAjy/5Ft
産経は安いだけのデタラメ新聞だからな〜

203 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:25 ID:Atos6Q6h
>>202
どんないひどくてもアサピーよりはましだわな w

204 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:29 ID:VCOhhIj6
>>203
そんなことないよー、産経は妄想ばっかり

205 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:31 ID:Atos6Q6h
親米というとなにかヘタレのように聞こえるが、
国益のためにアメリカを骨までしゃぶりつくそうとしてるのよ。
勘違いしないでね w


206 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:31 ID:nbnISvJl
スケートや体操の採点で最高点と最低点を切り捨てて
残りの点で平均点を出すってやつ、あれで新聞を読めばよい。

207 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:34 ID:xtnevWg+
今回は読売も親米に偏り過ぎてる気がするな。
支持せざるを得ないのはわかるけどアメリカが正しいから
支持するんじゃなくてアメリカに武装解除させられた状態のまま
来ちゃってるから北朝鮮の手前支持せざるを得ないだけだと
思ってるのだが、読売はアメリカが正しいって論調だ。

208 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:39 ID:ljxanMly
>>203-204
妄想というかイデオロギーというか「願い」が報道を上回ることが多い新聞だよね
どちらも。

オレのイメージでいくと
ジェット紙(聖教新聞、赤旗)>カラー紙(朝日、産経)>普通紙(日系、読売、毎日)
の順番ぐらいで、「願い」>「報道」のような気がするね。

209 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:40 ID:8EzjWUuT
1〜2年前ぐらいの2chじゃ産経が一番人気っぽかったけど今は読売なの?

210 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:41 ID:Atos6Q6h
>>207
>支持するんじゃなくてアメリカに武装解除させられた状態のまま
>来ちゃってるから北朝鮮の手前支持せざるを得ないだけだと
そこまで言っちゃうと身もふたもない。親米はただのポーズだよ。

211 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:42 ID:tIsGMOXU
つーか、
いまはネットで只で見られるから
俺は各紙の論調を比較出来て面白いけどね。
どれを信じるかは自分次第だよな。

みんなが似た様な事を言ってる方が怖いよ。
戦争中の日本や強酸みたいで(w。

212 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:46 ID:g0cdrdWd
そう言えば、ネットで簡単に新聞各紙を見比べられるようになったのって、
ほんの数年前ぐらいからかねぇ。

それまでは、自分が取ってる新聞以外は見る機会が全くと言っていいほどなかった。

213 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:48 ID:xtnevWg+
>>210
それをちゃんとさっぴいて読める読者がどれだけいるんだろうねぇ。。。

214 :名無しさん@3周年:03/04/01 00:50 ID:fcRmEs0j
マッカーシー最大の問題は根拠無しの材料で汚名を着せたことだろ?
現在の反戦運動は明らかに反政府的な傾向なんだからマッカーシズムに当てはめるのはどうかね。

215 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:01 ID:ljxanMly
>>214
でも、反政府的でも穏便な誓願や選挙を通じて意思表明できるから
自由主義(政治的な)なのであって、それをイラクくんだりまで広めに行っている
アメリカ本国がガーディアンに書いてあるような調子だと、問題だろうね。

216 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:04 ID:G3Clwckr
こないだ会ったおっさん(イギリスの大学教授)の息子(アメリカの大学教授)も
アメリカで反戦デモで逮捕されたって言ってたw


217 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:05 ID:PKmrXhtI
親政府な言論の自由ならイラクや北朝鮮でもあると思うが?
「私は君の意見に反対だ。しかし君がそれを発言する権利は
命をかけても守る」って、誰の台詞だっけ?

218 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:10 ID:fcRmEs0j
>>215
そういうことじゃなくて、マッカーシズムの正体はキチガイフーバーとFBI帝国の秘密警察的な弾圧
だったわけだから。今みたいに、公園からどくのどかないで逮捕されるような事とは次元が全然違うと思う。


219 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:11 ID:ljxanMly
>>217
ヴォルテール

220 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:11 ID:Atos6Q6h
>>217
ボルテール

221 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:12 ID:ljxanMly
>>218
でも、シャツを脱ぐの脱がないのでも逮捕されているようです。

222 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:14 ID:PKmrXhtI
>>219-220
ありがとう。

223 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:14 ID:ljxanMly
>>218
でも、いわんとしていることはわかります。
ガーディアンの主意としては、反体制的な行動をとると、
闇雲に逮捕して良しとするムードが米国に広まっていて
それをマッカーシズムと結びつけたのでしょう。

224 : :03/04/01 01:17 ID:W/FUIs29
米NBCテレビ、ピーター・アーネット記者との契約解除
http://www.asahi.com/international/update/0401/003.html

アーネット氏は30日にイラク国営テレビに出演し、「米国の当初の軍事作戦はイラクの抵抗で失敗した。
いま、別の作戦を計画しようとしている」などと発言。ブッシュ米大統領についても「戦争のやり方に対す
る異論が高まっている」などと述べ、米国内から強い批判を浴びていた。

225 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:17 ID:P8iqomPZ
というか政府に反対の意見を反政府的としないのが民主主義の肝だからね。
反政府的だから逮捕とくりゃもうそれは独裁。

226 : :03/04/01 01:18 ID:W/FUIs29
米大統領批判で「放送禁止」、黒幕はラジオ会社? 米紙
http://www.asahi.com/international/update/0401/002.html

イラク戦争でブッシュ大統領を批判した米カントリーバンドの「放送禁止」や、全米各地で繰り広げられる「戦争支持集会」。その背後に、「ブッシュ政権に近いラジオ放送業界の協力企業がある」。ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニストがそう指摘し、関心を集めている。

227 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:19 ID:mckXs9QJ
赤狩りじゃー

228 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:20 ID:NCCqJMAy
>>215
反戦運動が一様に穏便であったり,選挙を通じた意思表明したり,
そんなことはしない。暴徒を鎮圧するのは当然だ,近隣住民の
生命財産を守るために。思想そのものまで踏み込んで聴聞会開いたり,
密告奨励したりすれば,「非米活動委員会」そっくりになるが,
そういう事実は聞いたことが無い。というか,運動家なのだから
逮捕されれば誰だって不当逮捕だと言いたてるだろう。実際の容疑が
ガラス割って器物損壊だったとしても,弾圧だと言い立てるだろう。
オレなら言うもん。
第一,イラク戦争は今後のテロ戦争を防止する目的の戦争なのだから,
「反戦運動」の人達は大量破壊兵器の拡散を助長する好戦運動なのだ
(アメリカ政府的には)。

229 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:26 ID:ljxanMly
>>228
だから、とりあえず元記事も読んでもらいたいけれど、
Ghostには、「ほのかな影」という意味もあるから、ヘッドラインは
一種のダブルミーニングなタイトルなんじゃないかと睨んでいる。
全くの復活じゃなくて、その兆しがでているようなといった感じの。

230 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:39 ID:IlpSxHVe
バーカ かばわなくてもいいんだよ

アメちゃんは思想に関しては  チ   キ   ン


231 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:40 ID:NCCqJMAy
>>229
それならば了解できます。
あと,
>>1(の引用文)にも>>225にも見られる誤解だが,
民主主義とマッカーシーイズム,民主主義と独裁,は矛盾なく
両立できる。単に暴力的な弱いものいじめだけなら古今東西どこにでも
ある話だが,マッカーシーイズムやファシズム型独裁における
真の恐ろしさは,それらが民主主義から生じてきた,民主主義的な現象
だという点にこそある。一般大衆の合意を得て行われる弾圧ならば,それを
止める手段を民主主義は持たない。そういう点にこそある。
民主主義=自由主義ではないことに留意(むしろ対立する)。
もちろん,民主主義=安楽な生活でもない。

232 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:44 ID:ljxanMly
>>231
ですね。むしろ、歓呼と拍手の民主主義から独裁政治は生まれてきましたね、
これまで。

233 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:46 ID:CmOyF9Ai
>>231
ヒトラーはどこにでもいるってヤツだな。

#あなたの隣人が次のヒトラーかも、次のガス室送りはあなたかも、ってヤツだ。

234 :名無しさん@3周年:03/04/01 01:49 ID:Rfba0QDL
民主主義は独裁国家を育てる最良の土壌、ということで?

235 :名無しさん@3周年:03/04/01 02:08 ID:nbnISvJl
ACLUというアメリカの過激リベラル団体こそ、
まさに>>217の実践者。
会員の黒人弁護士がKKKの弁護を、
ユダヤ人弁護士がネオナチの弁護をするらしい。

236 :名無しさん@3周年:03/04/01 02:35 ID:Ga+Ey9sm
ボルテール、百科全書派の啓蒙思想家だな

>>235
アメリカだけはガチだな。

237 :名無しさん@3周年:03/04/01 02:36 ID:1344abNr
>>226
マルチで申し訳ないが
コラムの和訳。
http://www.kt.rim.or.jp/~tfj/talk/Krugman-Channels.html
コラムニストはインフレターゲットでおなじみの
ポール・クルーグマンプリンストン大学教授


238 : かけ:03/04/01 02:41 ID:2TJwmbT9
>76
民主主義は、社会主義の対立概念ではない思う。

 むしろ、民主主義こそが平等への志向を加速させ、
結果社会主義へといたると思う。

 

239 :名無しさん@3周年:03/04/01 03:05 ID:f22Nyd6a
>>238
それ社会民主主義じゃん

240 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:12 ID:du4c0G+t
反政府的だから悪いって論調は、政府に反対する事=テロリストという印象操作だな。
第二のフーバーもそろそろ登場か?

241 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:16 ID:Ga+Ey9sm
民主主義ってのは、 市民の議論と合意で物事を決定しようという考え方。。
社会主義ってのは、社会をよくすれば人間は幸せになる、という考え方。
共産主義ってのは、私有財産を否定して、生産手段を共有化して支配被支配関係を解消する、という考え方。


242 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:17 ID:du4c0G+t
民主主義⇔社会主義
資本主義⇔共産主義

だと聞いたが。

243 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:24 ID:Ga+Ey9sm
>>242
民主主義の反対は、独裁とか専制だよね。
私有財産を廃止するか否かは民主主義とは関係ない。

244 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:26 ID:Ga+Ey9sm
しらべてみました。http://www.goo.ne.jp より。

しゃかい-しゅぎ ―くわい― 4 【社会主義】
〔socialism〕
(1)資本主義の生み出す経済的・社会的諸矛盾を、私有財産制の廃止、生産手段および財産の共有・共同管理、計画的な生産と平等な分配によって解消し、平等で調和のとれた社会を実現しようとする思想および運動。共産主義・無政府主義・社会民主主義などを含む広い概念。
(2)マルクス主義において、生産手段の社会的所有が実現され、人々は労働に応じて分配を受けるとされる共産主義の第一段階。
三省堂提供「大辞林 第二版」より


245 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:28 ID:du4c0G+t
なるほど、勉強になりますた

246 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:30 ID:Ga+Ey9sm
みんしゅ-しゅぎ 4 【民主主義】
〔democracy〕人民が権力を所有し行使するという政治原理。権力が社会全体の構成員に合法的に与えられている政治形態。ギリシャ都市国家に発し、近代市民革命により一般化した。現代では、人間の自由や平等を尊重する立場をも示す。
三省堂提供「大辞林 第二版」より

247 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:31 ID:Ga+Ey9sm
ぜんたい-しゅぎ 5 【全体主義】
〔totalitarianism〕個人は全体を構成する部分であるとし、個人の一切の活動は、全体の成長・発展のために行われなければならないという思想または体制。そこでは、国家・民族が優先し、個人の自由・権利が無視される。
三省堂提供「大辞林 第二版」より

248 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:32 ID:luxM+xZa
アレかなあ、アメリカ以外の国の人間は、「アメリカって
横暴で迷惑だなあ、でも逆らえないし」と言う意味で、「アメリカって
世界一の国だよなあ」と感じているのに対して、本人達は自分の国の
横暴さ、他国から見た迷惑さ加減に無自覚なまま「アメリカ世界一!」って
思って居るから、ちょっとした(不謹慎だが)テロなんかで自分達の誇りが
大きく傷ついて、ファッショの台頭を許す、って感じなのかなあ。
ちょっとした事で、ベルサイユ条約に対しての当時のドイツ国民、ハルノート
に対しての当時の日本国民並みに怒ってしまう、と。



249 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:34 ID:du4c0G+t
つまり
民主主義、社会主義は政治形態であって
共産主義、資本主義は経済用語な感じ?

250 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:36 ID:Ga+Ey9sm
しほん-しゅぎ 4 【資本主義】
〔capitalism〕商品経済の広範な発達を前提に、労働者を雇い入れた資本家による利潤の追求を原動力として動く
経済体制。資本家が生産手段を私有し、労働力以外に売る物をもたぬ労働者の労働力を商品として買い、
労賃部分を上回る価値をもつ商品を生産して利潤を得る経済。封建制に次ぎ現れた経済体制で、
産業革命によって確立された。
三省堂提供「大辞林 第二版」より


251 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:39 ID:Ga+Ey9sm
まあ「資本主義者」なんてなのる人はいないわな。
自由主義者とか、ケインズ主義者とかいう人はいるけど。
ちなみに

じゆう-しゅぎ ―いう― 4 【自由主義】
〔liberalism〕個人の価値や人格の尊厳性を重んじ、人間の自由な思想・活動を可能な限り保障しようとする立場。
政治的には、市民的自由の擁護・拡大、経済的には自由放任主義の主張としてあらわれる。市民革命期、
新興ブルジョアジーのイデオロギーとして登場。リベラリズム。
三省堂提供「大辞林 第二版」より

なんだそうだ。

252 :名無しさん@3周年:03/04/01 04:48 ID:3AAMtI/L
まだまだ人類は発展途上ですなあ。
どうにかもっといい体制に改革できないものか。
アメリカがリードする体制にはついていく気がしない。

253 :名無しさん@3周年:03/04/01 05:25 ID:86buDDR9
やぱ、日本がやるしかないか。
みんな政治家めざせ!

途上国のエリートみたいに
死にものぐるいで頑張ってみろよ!(W

254 :名無しさん@3周年:03/04/01 05:34 ID:W+w25mI/
「みんな、わかってると思うけど、
私達はテキサス出身のアメリカ大統領を恥ずかしく思ってるわ」

大統領批判→全米ラジオ局が音楽をボイコット
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/iraq/1048084541/

ディクシー・チックス、サウスカロライナのDJがライヴの妨害を計画
http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/barks/20030327/lauent008.html

255 :名無しさん@3周年:03/04/01 18:23 ID:E5C4wml/
アメリカ政府必死だな。
軍産複合体にケツ叩かれて、金持ちどもにギャーギャー言われて。
言論弾圧しなくちゃならないほど、大義がないってことか。
中東民主化するとか言ってるのに、自国じゃ帝国主義まっしぐら。

256 :名無しさん@3周年:03/04/01 20:47 ID:k21EM98u
sage

257 :名無しさん@3周年:03/04/01 21:21 ID:zmM1N2Cz
一般にアメリカ人はアメリカンスタイルを最上の生活形態だと思い込んでるんだな。
あるいは思い込もうとしている。だから自分の子供に「あいつら(他国)はアメリカに嫉妬してんだ」なんどと教育するんだよ。
で、子供もそういうふうに思うようになる。アル意味北朝鮮地上のパラダイス教育に似ている。

258 :名無しさん@3周年:03/04/01 22:29 ID:bFsiuEK9
>>99
「マイ・フェア・レディ」の作者、バーナード・ショーとか
社会進化論(社会的ダーウィニズム)の提唱者のスペンサーとかもかな。
人口は幾何級数的に増えるのに食料は、等差級数的にしか増産できない。
とするマルサスの人口論では、人間は、戦争による人口調整されている
ことをを唱える思想。
http://inoshin.com/lecture/powerpoint/fukusi/10/Slide20.html
んで、欧米で社会主義と優生主義が流行ったのは、やがては、良質の中産、
資本家階級(アメリカでは白人)の低い出生率より、出生率の高い、労働者階級
(アメリカではWASP)に圧倒されてしまう強迫観念から生まれた「妄想」。
知的な階級が生き残れるようにしようというのが、「優生思想」
人間の社会を「地上の楽園」に改造しようと言うのが「共産主義」。
人為的に人類を改造しようとしたのが、ゴールトンの提唱した「優生学」。
H.Gウェルズの「タイムマシン」の描く地上のエロイ族と地下のモーロック族も、
イギリスの優生思想の表れ。
http://www.so-net.ne.jp/SF-Online/no13_19980325/review_book.html#2
人間の持つ知性を過度に信じ込んで、限界を知る謙虚さがなかった点で
共産主義と社会進化説=共産主義は、同根。
逆にアメリカ式資本主義も、競争原理マンセー、弱肉強食マンセーの
グローバリズムを過信した結果が、今回の、イラク戦争に至った大きな要因
だと思う。冷戦終結後も倒すべき敵を必要としたんだろうね。
イラクの住民にも人権があると、なぜ気付こうとしないのか。
まぁ、この辺が、人類の限界なのかも。


259 :名無しさん@3周年:03/04/01 22:32 ID:bFsiuEK9
>>259 訂正です。

>資本家階級(アメリカでは白人)の低い出生率より、出生率の高い、労働者階級
>(アメリカではWASP)に圧倒されてしまう強迫観念から生まれた「妄想」。

は、

資本家階級(アメリカではWASP)の低い出生率より、出生率の高い、労働者階級
(アメリカでは黒人)に圧倒されてしまう強迫観念から生まれた「妄想」。

に訂正いたします。

260 :名無しさん@3周年:03/04/02 00:14 ID:/ip5dt+i
Ga+Ey9sm
bFsiuEK9
この二人(他にもいたらゴメソ)の書き込みなんか面白いね。
確かに「資本家」とはいうけれど「資本主義者」って言い回しは言葉としては
成立するけれどあまり見かけないし、戦前の左翼が作った言葉なのに、
「天皇制断固支持!」なんて右翼が嬉々として使うしね。

ここがガーディアン記事に端を発するマスコミの問題のスレだとして、
もし、新宿の都庁に北朝鮮のミサイルが(しかも悲しいことに、誤爆で
首都命中)飛んできたとき、日本のマスコミのどれぐらいがNYタイムズや
ガーディアンレベルの自主路線を貫けるか疑問。読売産経はおろか、
朝日あたりも翼賛化するんじゃないの?

オレはアメリカのやり口は昨日から言っているように嫌いだが、
NYTが堂々と論陣張っているところに、あの国の強さがあると思っている。

261 :名無しさん@3周年:03/04/02 00:44 ID:JCTKtAB0
アメリカは自由の国?
この国で自由なのは、人間を家畜並みに目的意識を無くさせる、
あらゆる方法の娯楽の分野だけです。
ハリウッド、スポーツビジネス、メガトン級の食事量、何百チャンネルもあるテレビ番組、
そしてエスコートガールサービス、公認売春の街、XXX-video、快楽殺人、
悪魔儀式に使うための幼児・子女誘拐、銃砲類の一般人への販売、
その銃によって引き起こされる犯罪と、癒されることのない被害者の障害や命、、、、、

全て、アメリカ人から明確な意思というものを減退させ、人間の持つ本能的欲望を満たし続けるための
あらゆる娯楽に浸り切った生活漬けにさせ、そのひな型をまず自国民に、
次にはその同盟国に蔓延させ、そのことによって、自国の文化や生活週間に根ざす考え方や
感受性といったものをスポイルしていきます。
その実、政治的自由を求めると、突如として軍事介入するのは何もソビエト・ロシアだけではありません。
ニカラグア、パナマ、エルサルバドル、ベトナム、
チリ、アルゼンチン、アフガニスタン等など書き切れないほどあります。
経済だけでなく、軍事的にもアメリカは絶対的優位に立ちました。
もはや、自由とチャンスの国という柔らかなイメージを持った仮面を被らなくとも、
他の世界を従わせればいいだけになったのです。
アメリカ国内に今起こっていることは、明らかに言論弾圧でしょう。
NBCを解雇された記者の事例を見るまでもなく、
これからは米国政府に不都合・不利益な言論をするあらゆるアメリカ人を
マッカーシーズムなど及びもしない狡猾さと精緻さによって拘束・処罰・公的地位身分権利の剥奪、
そして文字通りの政治的弾圧によって無力化させようとする筈です。
既に皆さんがご覧のように、アメリカのメディアでは自主規制の嵐としか思えないような
報道のされ方をしているニュース番組が少なくありません。
有名なニュースキャスター達の甘くて知的な印象によって、多くのこの戦争の実態が
覆い隠されてしまっているのではないでしょうか?
マスメディアが多額の報酬目当てのショービジネスとなった最初の国もアメリカですね。

262 :名無しさん@三周年もね:03/04/02 00:58 ID:6DJ+JRLF
ここはどこの国だね?・・・か。

263 :名無しさん@3周年:03/04/02 00:59 ID:u2+3gOxO
―アメリカはなぜ、イラクをあれほどまでに憎むのでしょう?
 阿部 イラクは他のアラブ産油国と違って国有化した石油収入、
いわゆるオイルマネーを投資や貯蓄の形で欧米諸国に還元しないのですよ。
自国の民生や社会のインフラ建設に注ぎ込んでいる。そのため、
イラクでは教育や医療が無料化されている。アラブ諸国ではもっとも進んだ
社会保障制度を持っているんです。これがアメリカにとっては
面白くないんですよ。イギリスやアメリカには、もともとアラブの石油は
自分たちのものだという利己的な考えがある。
おれたちが開発投資した石油だ、勝手にはさせないと思っている。
アラブ諸国がみんなイラクに習ってしまったら困るんですね。
かつて、ユダヤ人のシオニズムを利用してむりやりイスラエルを建国し、
パレスチナ難民を生み出したのも、中東の油田地帯にくさびを打ち込むためです。
今はイラクの現政権を倒して親米的な政権をつくりたい。
それが中東にイスラエルに次ぐ新たなくさびを打ち込むことになり、
産油国支配に都合がよくなるんです。米英の戦略のキーワードは常に「分割して支配せよ」です。


264 :名無しさん@3周年:03/04/02 01:02 ID:/ip5dt+i
>>263
俺も、おおむね賛成。
イラクの次は北朝鮮て言う人も多いけれど、このままで行くと、
しかもずるずるしてしまうと、次もイスラムのどっかの国でしょう。
でもあまり続けてローマみたくならないようにして欲しいね。
もっとも、アメリカが仮に未来において躓くとしたら、国内問題
だろうけれどね。帝国の性質として。

265 :Clear Channel Communications:03/04/02 01:05 ID:XYRzMqIf
NBCのニール・シャピロ会長、イラクTVのインタビューで戦争批判のピーター・アーネットを解雇。
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/irday01.htm

ブッシュの戦争を批判した女性3人のカントリーバンド「デキシー・チックス」のCDをトラクターで潰す
デモンストレーションをしたり、戦争支持のデモを組織したのはやっぱり、
ブッシュ一家の利権に繋がるClear Channel Communicationsという
ラジオ放送網だった。ブッシュがテキサスレンジャーを
売却した時からの繋がり。


266 :名無しさん@3周年:03/04/02 01:06 ID:gY018253
米兵はやっぱ休暇はおま■こさせてもらえるのかな・・・
ま、生き死にかかっているからお●んこやりたくてしかたないだろうな・・・
このまえの時は護衛艦におまん▲をちゃんと用意してあって
兵士は死に物ぐるいでよじ登っていった、
中東の平和のためだと〜。
戦争はそんな奇麗事だけではすまない、
兵士は石油のために、イラク国民のために戦ってるわけじゃない。
やつらは必死にてめえの お ま ん こ 地 獄 のために戦ってるんだよ。
てめえらもここでグダいってねえで、
おmannkoのために戦える男になれ。


267 :名無しさん@3周年:03/04/02 01:16 ID:Y/8GXdr1
>>263
その割にはロシアや中国、フランスからは武器を買いまくっていますが…

268 :名無しさん@3周年:03/04/02 01:17 ID:SwmRc12z
アメリカ=変態
アメリカ=SEX
アメリカ=殺人
アメリカ=訴訟天国
アメリカ=人種差別
アメリカ=麻薬
アメリカ=大雑把
アメリカ=肥満
アメリカ=短絡的思考
アメリカ=侵略帝国
アメリカ=大量殺人
アメリカ=キティガイ


269 :名無しさん@3周年:03/04/02 01:22 ID:QzQn5M18
アメリカのポルノの表現規制は厳しいです。
日本なんかとは比べ物にならないぐらい。
ティムポもマムコも丸見えだけど、ただそれだけです。


270 :名無しさん@3周年:03/04/02 01:30 ID:FM1H+IEt
>>261
娯楽を提供することによって自国民をスポイルする、
というのは国策なのですか?
娯楽関連事業が国の力で優遇されているのですか?

人間の本質がもともと自堕落だからこそ、
自由競争によりその産業が発展しただけなのでは?

271 :名無しさん@3周年:03/04/02 01:32 ID:iMIKEPwj
パックス・アメリカーナ?
 いまのアメリカに、ローマ帝国のように伝えるべき文明があるだろうか。マクドナルド
とコーラ、それにハゲタカヘッジファンドの文明ではあまりに弱すぎるし、そこまでの責
任感があるようにも思えない。ローマの貴族たちが軍団を率い先頭になって闘うことで他
国や属州に対して示したノブレス・オブリージが、現今のアメリカの「王朝」であるとこ
ろのブッシュ・ジュニアには残念ながら見られない。
 見えるのは、軍事力を背景に自分たちの得になることをして、得になる地域を支配下に
おきたいという欲求でしかない。それを昨今では「ユニ・ラテラリズム」ということで言
うようになった。もちろん、ローマ帝国とてそのような欲求がなかったわけではない。た
だそれと同時に、その後千年に渡ってヨーロッパ文明のベースとなる「普遍性」を示した。
そのためには、求心性を失わせるような市民権の全面的な付与や大規模な奴隷解放も厭わ
なかった。モンゴル人による官僚機構を崩さなかったモンゴル帝国とはあまりにも違う。
 アメリカはどちらの道を進むのか。白人世界の代表的な国家でありながら、ヨーロッパ
に対してはやや屈折した感情をもつこの国に、自信を持った「パックス」の姿勢を求め続
けることは難しいだろう。もしアメリカが覇権を持つとすれば、それはモンゴル帝国的な
ものになる可能性が高い。
 そのときにわれわれは、かつてエジプト王国やヌミディア王国がローマに対してとった
ような形式的には対等な友好国の姿勢をとってももはや無意味であることを知るだろう。
むしろ、いまだロシア人たちが怨念を込めて語る「タタールのくびき」に近いものになる
だろう(むろん、部分的にはそのくびきのもとにすでにある)。そのくびきを甘んじて受
ける覚悟を決めてから、「パックス・アメリカーナ」への賛意を示して欲しいものである。
http://members.tripod.co.jp/masa_n/column/020922.htm

272 :名無しさん@3周年:03/04/02 01:37 ID:/ip5dt+i
>>270
国策という意見はいいすぎだろうね。
でも、あなたは事実そうやって真面目に考えているんだし
「人間の本質がもともと自堕落」とは考えないほうがいいよ。
そう考えるあなた自身「自堕落」を対象化しているんだし。

273 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/02 01:50 ID:v1HKGyXJ
>>232-234
それは、犯罪者は健全な一般人から生まれるっていうのと同じだよ。
当たり前じゃん。絶対王政から独裁になるかよw安易に誘導されるな。

ただ、>>231
>真の恐ろしさは,それらが民主主義から生じてきた,民主主義的な現象
>だという点にこそある。一般大衆の合意を得て行われる弾圧ならば,それを
>止める手段を民主主義は持たない。そういう点にこそある。

まあ俺は適当言ってているのかもしれないが、これは民主主義とは別で、
基本的人権、思想の自由が尊重されているかという法律の問題だと思う。
例え、多数決であっても人身売買は合法化されない。3権分立で司法が立法を止めるからだ。


>>217>>225、が正しい。
これが重要だよね。俺が言うまでもなく常識。アメリカにはないらしいけど( ´,_ゝ`)


274 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:00 ID:/ip5dt+i
>>273
なんだか、ハンドルと一緒でカワイイ学生さんという感じだけれど、
基本的人権や思想信条の自由は憲法問題で、憲法改正は
国民投票と衆議院の専権事項なんじゃないの?

オレは232だけれど、誘導されていない。だから決して民主主義とは
いわず、自由主義といったんだけれど、民主主義が含む危うさっていうのは
知っているし、それは法ではなく個人の公共性の問題に左右されると思っている。

あと231の人は他スレで反戦派をかまったりしていたし、どっちかっつうと、
ゼミ発表の練習をしている人に見えるよ。

275 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/02 02:10 ID:v1HKGyXJ
あー、アメリカは××だから駄目、イラクは○○だから駄目。
って言う日本人は多いが、
だから日本にとっては▽▽で、△△が日本の進むべき姿だって言う日本人は少ない。

なんか、利己的な視点が欠けてるんだよな。
未来像を持って、土下座外交事なかれ主義を貫いているなら良いんだけどさ。
(報道が情報以上のことを押し付ける朝日新聞みたいのはいやだけど。)

利己的な視点を持っていない(または自分の利己的な部分に無自覚な)やつが、
他人の利己主義(アメリカ、イラク)を批判してもうそ臭いんだよな。
戦争で一方しか批判しない奴がそう言う奴だと思うんだけれど。

276 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:14 ID:+U7ldj6z
>>269
そりゃあれだけ性犯罪がおおけりゃ規制も厳しくなるさ

277 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/02 02:14 ID:v1HKGyXJ
>>274

結論が、民主主義が独裁体制を作る、でないなら問題ないんだけど。

>>232は、全然言葉が足りないんじゃないの?

278 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:16 ID:+U7ldj6z
>>275
というお前本人のカキコが他人を批判してるだけのカキコなのだが。。。

279 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/02 02:20 ID:v1HKGyXJ
>>278
え〜??
競争主義が勝者であっても独占を許さないのと同様、
反体制をうけいれるのが民主主義だっていうのが俺の主張で
左翼政党(もしくは保守党左派)を受けれる日本はいい具合だと言っているわけだが。

だから、批判は民主主義に否定的な書き込みに対してだよ。


280 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:21 ID:/ip5dt+i
>>277
前後関係の問題になってしまうんだけれど、独裁体制(この場合ファシズムね)が
でてきたのは議会制民主主義のあとで、おまけに議会を足がかりとして
ナチスもファシストも台頭してきたから、残念ながら民主主義がファシズムを産んだというのが
形式的にであれ実証的にであれ正解でしょう。
もちろん民主主義、必ず独裁化とはいわないよ。

281 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:22 ID:+BeILpSS
>>271
アメリカのは民主主義ということだろ?
今のところ民主主義は確かに普遍的な価値があるようにも見えるし
そうであって欲しいのも事実だ。可能なら宗教的価値観から開放さ
れ民主主義で選ばれた代表がきちんと民主主義を守れるならば人
類が作った制度の中では最も優れたものとなりうるだろうなぁ。

282 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/02 02:24 ID:v1HKGyXJ
>>278
というかお前の書き込みどれよ。

お前見たいのは>>275の”利己的”を”馬鹿”に代えてみるといいよ。
発言するなら頭のいい書き込みをしろとかいう奴だよね。
自分の”馬鹿さ”を自覚していないから、他人の馬鹿さを許せないんだよw

283 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:27 ID:/ip5dt+i
>>281
その通りなのであって、民主主義は民主主義固有の欠陥があって、
それに自覚的な人が多い限りとりあえず健全さが保証されると
俺も思っているよ。

284 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:28 ID:+U7ldj6z
>>282
あー、ずっと議論してたんか。そりゃすまんね。
俺275しか読んでねーから。続けてくれ。

285 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/02 02:32 ID:v1HKGyXJ
>>284
いやいや、俺にもアンチファンがいるみたいなんでw
一行煽り多いんだよなー。こちらも感情反応過ぎました。

286 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:36 ID:yhJ6zqqW
イスラム・パージの時代ですね。

287 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/02 02:42 ID:v1HKGyXJ
>>280
第一次大戦後のドイツは破綻していて、
(当時の)反体制で、自国優遇主義のナチスに民衆は飛びついたと。(有力有権者も)

今の日本もそうだと思うけど、やはり痛みに耐えてまで長期目標を見ることができる
人なんていない、っていうのが、民主主義の弱点だっていいたいのかな??


288 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:46 ID:8E7ywE9O
ブッシュにとって
戦争(キリスト教原理主義的妄想)>>国益>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
民主主義

289 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:47 ID:H4IbAM3f
遂に来たか。

戦争支持→開戦→犠牲が出るのは止むを得ない→反対派弾圧→言論統制

当然の流れなんだがな。今回はどこまで行くかはわからんが。

290 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/02 02:49 ID:v1HKGyXJ
さっきNHKで、TV50周年とかいう番組が再放送されていたけど
瞬間的感情的意思うを最も増幅させてしまうのがTVだよなー。
戦争で死ぬ子供かわいそうだよ。

でも、テレビがなかったら(自民党内の自助努力勢力といえる)小泉首相なんて
できなかっただろうしなあ。
汚職政治家うんざりだよ。でも保守党がいいよ。

291 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:49 ID:BGiTtzNg
>>287
やたら自国の優位を吹聴しながら他国を侵略するアメリカも破綻しつつあると考えていいのだろうか?
それにしてもテロやられたわけでもない英国がなぜ共同歩調をとるのか理解できない

292 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:52 ID:H4IbAM3f
アメリカにいる友達、イラクをやらないとまたテロで人が死ぬって信じ込んでるみたい。
ピンポイント攻撃だから民間人は死んで無いと思ってる。

相当やばいな。

293 :名無しさん@3周年:03/04/02 02:53 ID:+BeILpSS
>>288
んなこたーない。国益=国内の民主主義だよ。
民主主義が常に反戦だとは限らないのは事実だし
常に正しい結果を生むとは限らないが、自ら選んだ
事に対しては責任を伴うのだよ。
というと、「漏れは反対していた」というやからが必ず
出るが民主主義では「反対していた事を実行できな
かった」という責任もついて回る。出た結果に対して
は全てのものが責任を負わなければならないのが
民主主義だ。特に日本の野党にはこの自覚がない。

294 :名無しさん@3周年:03/04/02 03:01 ID:qh0ZES6A
ドイツは指導層がプロテスタントで、国民がカソリックで、
そこに目をつけたヒトラーがうまかったのではないかと思います。

295 :名無しさん@3周年:03/04/02 05:22 ID:tQPh1ZQr
利権欲にかられて国連無視の先制攻撃

言論弾圧

帝国主義へ一直線

これが最高の民主国家とうたわれた自由と正義の国アメリカの末路です。
いずれこうなるのが定めだったとしても、あの頭の弱いブッシュお坊ちゃまに
その時期を強烈に早められたのはやはり不快ですね。

296 :名無しさん@3周年:03/04/02 05:49 ID:bAH9moKy
そこまでいくかどうかは疑問だが、言論の弾圧あたりまでは行きそうだな。

297 :名無しさん@3周年:03/04/02 05:50 ID:ihEvO4iq
異論のいいにくい雰囲気にはあるんだろう。
まあ日本でも大差ないだろうけど。

298 :赤木:03/04/02 06:46 ID:+YlIu8if
「少数の人が権力を持つ制度」は「民主」と言えるのでしょうか
イラクの戦後は、新しい、真の民主主義を打ち立てる必要があるでしょう

「どのような政治の体制を望みますか」・・という投票箱があります

http://vote.mallkun.com/cgi-bin/27/vote.cgi?id=seijian

既に1622名を超える投票がなされました、現在まさに信じられないデーターが形成されています。


299 :名無しさん@3周年:03/04/02 06:47 ID:R9Qf4Dtr
戦前の日本と一緒だな

300 :名無しさん@3周年:03/04/02 08:55 ID:bk3dtErw
「戦時全権委任法」のようなものが米国で成立したら路線確定だね

たとえ自作自演でもテロがあるかぎりは大統領が三権を独占できる
民主党を解散させれば一党独裁、「大米帝国・千年王国」の誕生だ


301 :名無しさん@3周年:03/04/02 10:32 ID:6K55KrXS
>>300
いくらアメリカがそういう方向に傾いても、
独裁国家や共産主義国家の言論統制の質が
違うということに気がついていないのか。w

302 :名無しさん@3周年:03/04/02 14:11 ID:L3GWs8gA
ブッシュ=石油は短縮的だな。戦争してまで利権獲得したところで
コストは全然あわない。なぜ、クリントン時代はフセインもおとなしく
してたと思う?ヒラリーがユダヤ嫌いということもあったかもしれない。
イスラエル寄りのブッシュは米資本主義を無視してでも戦争を仕掛ける
のには何かあるのだろう。だが、戦争長期化によるドル暴落、米国債下落
が一番怖い。下手すると米国債はBB格に落ちてしまう。そうなればユダヤ
も米から資金を移すだろう。やぶへびだな。

303 :名無しさん@3周年:03/04/02 15:07 ID:ihEvO4iq
直接石油がほしいというわけでもあるまい。
むしろそんな世俗的な理由じゃないところが怖い。

304 :名無しさん@3周年:03/04/02 15:20 ID:JCTKtAB0
>>302
>イスラエル寄りのブッシュは米資本主義を無視してでも戦争を仕掛ける
>のには何かあるのだろう。だが、戦争長期化によるドル暴落、米国債下落
>が一番怖い。下手すると米国債はBB格に落ちてしまう。そうなればユダヤ
>も米から資金を移すだろう。やぶへびだな。

どうやら米国は、これまでの経済原則が自国に不利なので
正当な資本主義の手法ではなく、戦時経済体制に巻き込むことによって
世界中の国家と市場経済の流れに竿をさし、アメリカに対抗し得る力のある経済圏で
相次ぐ大企業破綻や財閥解体を推進させ、それら破綻企業を買収することによって
その国にグローバル・スタンダードを強制するための橋頭堡を築こうとしています。
某国営銀行を安く引き受け、金融市場の足掛かりを確保し、そこから、その国の資産を
米国に吸収するための窓口を開けています。


305 :名無しさん@3周年:03/04/02 15:20 ID:JCTKtAB0
$が暴落する・しないにかかわらず、米国が繁栄するためのシステム作りをしたがっているわけです。
軍事力を行使することによって、あるいはその国の骨格である金融通商部門の買収等と並行しながら、
その国家の通過発行権を握り、最終的には目を付けた国家をドル圏に吸収してしまう狙いがあるでしょう。
やがてはドル対円、といった為替レートを気にすることなしに、文字通り世界の基軸通貨として
ドルが乱暴狼藉を働くのが目に見えてきました。
要するに、米国の経済的破綻を、アメリカ軍の軍事力と資源調達能力とによってチャラにし、
これまでの赤字など問題にならないように、経済の原則を粉々に打ち砕き、
世界の経済原則も破壊しておいて、新しいドル圏植民地経済をグローバル・スタンダードという呼称で
押し付けようとしているのです。
そのため、今後、一度全世界の経済は破綻させられることになります。
すべてがアメリカによる一極支配を完成させるためのステップとして必要だからです。
たとえアメリカの大企業であっても例外なく救われません。
戦争の危機と経済破綻を意図的に引き起こすことによってアメリカが超法規的軍事力行使の力を手に入れること、
そのための経済大破綻と石油市場におけるOPECとサウジの影響力の低下を目指しているのです。
もしこれが実現すれば、もはや格付け機関などは必要なくなります。
すべてのルールはアメリカの政治力によって掌握され、決定されるようになります。
他国との調整や比較検討のための公正な基準が必要とされなくなるからです。

アメリカには、快楽を消費する自由はあっても、
政治の深部に関わる自由は閉ざされていると言えるのではないでしょうか。


306 :名無しさん@3周年:03/04/02 15:21 ID:nJvlusoI
アメリカに自由を!

307 :名無しさん@3周年:03/04/02 15:23 ID:JCTKtAB0
>>305
訂正
通過発行権⇒通貨発行権

308 :名無しさん@3周年:03/04/02 15:31 ID:Wz1BxK5c
アメリカに自由を!

309 :名無しさん@3周年:03/04/02 16:38 ID:Syu8OAv6
>305
一度全世界の経済は破綻?

それをアメリカが狙ってるって?

そんなことが起きても喜ぶのはアメリカの連中じゃないだろう。
こんな妄想は反米となえてるやつらも信じないと思うぞ。

310 :名無しさん@3周年:03/04/02 16:41 ID:aB0uiiF/
>>309
でも今回のあまりにも強引な戦争を見ると、アメが何かをリセットさせたがっているのは確かなことのような気がする。

311 :名無しさん@3周年:03/04/02 17:05 ID:3qZhQc0M
>>301
戦時中の日本は?
>>300の言う通りになったら、アメリカもそうなるぞ。

312 :名無しさん@3周年:03/04/02 17:22 ID:m6kqKOzb
>305
国際ユダヤの陰謀ですか?

313 :名無しさん@3周年:03/04/02 18:37 ID:JCTKtAB0
>>309

米国は今後、財政破綻を解消出来ない可能性が大であり、さらにそれに加えて、
膨大な対イラク戦の軍事予算を決定してしまいました。
この支出だけでも正攻法によって支払うことが難しいことはお分かり頂けると思います。
では、なぜこのような決定と使い方が出来てしまうのか?
アメリカ軍の軍事力によって世界の現物エネルギー資源を保有している国家を制圧し、
経済システムによる正当な支払いを経ることなしに、それらの資源を国ごと簒奪しようという、
究極の泥棒経済体制を合理化しようとしているわけです。
更に、資源を持たない国々であっても安心はできません。
資源がなくとも他の知的分野や技術力・工業力のある国家、
特に米国と競争できるだけの国力のある国家に対しては、経済破綻を仕掛けることによって
これら国家群の持つ金融・通貨・不動産・技術・工業力資産を暴落させます。
倒産した企業は一般に身売りしますが、身売りする段階まで来ると、
持っているお金になりそうなあらゆる資産を買い叩かれます。
本来的価値は下落していないにも関わらず、格安の価格で債権者に譲らなければならなくなります。
世界経済の破綻とは、まさに米国の政治力と軍事力の複合体が、
世界中の資産を一度暴落させ、それを資本力と軍事力を使って先進国家群からは買い叩く、
発展途上国群からは制圧することによって、手中に納めようとする流れのプロセスなのです。



314 :名無しさん@3周年:03/04/02 18:42 ID:JCTKtAB0
>>312
アメリカという国家にはユダヤ系の資本家はかなりいると聞きますが、
本来的なユダヤ人という人々は圧倒的に少ないようです。
ユダヤ系だけが陰謀を画策し、世界を乗っ取るということは大変に難しいのではないでしょうか。
むしろ、アメリカには神懸り的な似非宗教組織がとてつもない数存在するそうです。
その中でも福音教会派と呼ばれる、聖書の教えを曲解し、アメリカの軍事力行使を
神の意思に沿うものとして現政権を支持しているらしいのです。
その団体と組んでいる米国の政治家達がアメリカ人の感情を煽り、
多くのアメリカ人のいのちを危険にさらしているのではないでしょうか。
米国国家官僚や、軍需企業の上層階層、共和・民主両党に莫大な寄付金を拠出する企業群が、
似非キリスト信仰と軍事力行使を結びつけ、同時に聖書の教えに必ず出てくるイスラエルの地を
聖地として崇めさせ、イスラエルの右翼政党リクードの関係者とイスラエル企業からも
莫大な資金援助を得ている共和党の存在など、複合的な要因が絡み合っています。
アメリカの白人上層階層の宗教的妄想と軍事力・経済力・政治力が結び付き、
それがイスラエルは聖地であり、それを脅かすアラブ・イスラムを制圧せよ、と煽動し、
その土地の資源と権利を同時に手に入れたいというものではないでしょうか。


315 :名無しさん@3周年:03/04/02 18:58 ID:JNxViRTU
>>305,313,314
少々妄想が過ぎるようで w


316 :ガド族の末裔:03/04/02 19:49 ID:zFpnmCFL
>>315
ユダヤの陰謀を妄想と思わせるのも
これまたユダヤの陰謀なわけで
まんまとはまってますなW

317 :名無しさん@3周年:03/04/02 20:59 ID:kDToS0cJ

ディクシー・チックスのブッシュ批判騒動、サウスカロライナ州議会で議題に
http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/barks/20030322/lauent006.html

大統領批判→全米ラジオ局が音楽をボイコット
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/iraq/1048084541/

318 :名無しさん@3周年:03/04/02 22:10 ID:M8l7l2By
>>316
ユダヤの陰謀があると思わせるのもユダヤの陰謀だったりして w

319 :名無しさん@3周年:03/04/02 22:44 ID:JCTKtAB0
>>318
ユダヤの陰謀があると思わせることによって得られる
有力ユダヤ系アメリカ人の人々のメリットって何ですか?

320 :名無しさん@3周年:03/04/03 03:30 ID:pSGRA9BR
アメリカの有力ユダヤ人って、東南アジアにおける華僑みたいなもんかな?

321 :名無しさん@3周年:03/04/03 04:11 ID:zhzeGB1Q
>>320
華僑は経済を支配してるが政治まで支配しているわけではない。
(そういう国もないとはいわんが)日本や韓国の金融は別に華僑によって
握られているわけではない。。。

ユダヤはアメリカと欧州の経済を把握してその影響力で世界を支配している。

322 :名無しさん@3周年:03/04/03 08:20 ID:Qo9V4vTq
終戦後2年ぐらいで反省するつもりなのでOKです。

323 :名無しさん@3周年:03/04/03 15:37 ID:CXWRzK6a
民主主義って言論の自由があるから成り立つんじゃないの?
反対の声あげると愛国的じゃない、非国民っていうのは
独裁国家や共産主義と変わらんだろ。


324 :名無しさん@3周年:03/04/03 19:06 ID:amJcpWQ5
テロの「疑い」だけでDNAサンプルを取られる、米司法省提案の新法
http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20030403201.html
>2003年4月3日 米司法省が提案している、通称「第2のパトリオット法」に、
>テロリストの疑いがある人物のDNAサンプルを採取しデータベースに保存するための条項が
>あることが明るみに出たことで、市民的自由の擁護派を中心に抗議の声がわき起こっている。
>中東系の人々や、政治に関する批判的意見を表明する人々までもが、「国内テロ防止」という名目で
>DNAの提供を強制される事態を招きかねないというのだ。

殺したり、投獄したりはしないけれど、
社会的地位を奪われたり、経済的に追い詰められたり、
行動やDNAを記録されたりするよ。
あんまり変な事言わないでねという流れですかね。
これを巧妙化したと言うか、人道的になったと言うか。

まあ、秩序破壊リスクが下がって、
体制腐敗リスクは上がる流れだと思ふ。

325 :名無しさん@3周年:03/04/03 19:48 ID:YSnCGImo
>>321シンガポールなんかは代表例だな。

326 :名無しさん@3周年:03/04/03 21:23 ID:I2THfzVn
>>324
最近の飴はすごいよな。
中東から来ている滞在者(観光ビザ以外)にも指紋押捺しているし。

指紋押捺は日本じゃできないからな。

327 :名無しさん@3周年:03/04/03 21:59 ID:2ntMmku0
>>324,326
アメリカはDNA情報を瞬時に照会できる携帯端末を開発するのではないかと予想します。
それによって、個人情報が丸裸にされるわけです。
今、324さんの書き込みしてくれた法案に反対すれば、
明らかにテロの協力者・加担者として偏見の目で見られますから、
たとえ今までは言論の自由を標榜してきた人間であっても、
群衆心理の圧迫に対抗出来る人はほとんどいないのではないでしょうか。
イラク攻撃に一人だけ反対した黒人の女性議員さんはあれからどうなったかわかりません。

個人に、個人情報を照会するための印であるコード番号のようなものを磁気信号化した何かを
それはもしかしたらカード化された証明書類かもしれませんし、体内に埋め込み可能という
あのバイオチップが実用化・汎用化されるのかもしれません。
データベースに保存されるということから考えても、明らかにコードから検索できるシステムを
作り上げようとしているのでしょう。このデータベースに登録されたものなら、
アメリカにおける暮らしにいろいろ支障を来しそうですね。
もしかしたら、たとえば銀行口座からキャッシュカードで現金をおろそうとしたら
「貴方様の口座は現在凍結されており、使用出来ません。」などと表示されたり、
クレジットカードで買い物しようとしたら、「現在あなたのお持ちになっているカードでは
御買い物をしていただくことが出来ません。あなたの会員資格は国家によって取り消されています。」
などと、情報につながるあらゆる端末はシャットアウトされてしまうことも考えられるのでは。
職場、病院などの公共機関、しいては国民としての資格を剥奪されてしまったら
本当に生きていけません。
なんでも全てが情報化され、それがデータベース化されて一元管理され検索され、
あらゆる生活場面での資格の剥奪と差別を生んでしまうとすれば、
コンピューター化されたことで、ますますこの世の中が反って悪い方向に進んでしまいますね。
あれだけナチスを叩き、大日本帝国を裁いた国家が、それ以上のやり方で
全体主義国家の手法を導入しているということが空恐ろしいと思います。


328 :名無しさん@3周年:03/04/03 22:00 ID:JB8KPvUX
指紋押捺は韓国でもやってますが。
人権侵害だなんだと騒ぐのは日本だけ。

329 :名無しさん@3周年:03/04/03 22:08 ID:GoZ3aJIH
03月31日(月)[ピーター・アーネット記者の「あやまち」]
湾岸戦争の際のバグダッドからの空爆実況中継で名を馳せた元CNNのピーター・アーネッ
ト記者が袋だたきにあっている。彼は今度の戦争ではナショナル・ジェオグラフィー誌か
らバグダッドに派遣され、その後、NBCとMSNBCにバグダッドからリポートを送り続けてき
た。その彼がイラク国営テレビからインタビューを受けて「アメリカの作戦は現時点では
失敗している」などと答えたことから激しい批判にさらされているのだ。当初、NBCは彼
の姿勢を擁護していたが、彼がNBCの番組で「イラクテレビの取材を受けたのは明らかな
間違いだった。自分はアメリカ人だ。アメリカ国民に謝罪したい」と、全面的に謝罪した
ことからNBCとMSNBCは彼との契約を打ち切った。契約打ち切りが先か、謝罪が先かはわか
らない。とにかくヒドい集中砲火を浴びたことは事実だ。特にFOXテレビは彼を「国賊」
「非国民」扱いした。NBCも守りきれないと判断したのではないか。あの筋金入りのピー
ター・アーネットが謝ったのだ。よほどのことがあったのだろう。CNNのポーラ・ザーン
などは、ざまあみろ、とでも言いたげに「今回はNBCの決断が早かったですね」と涼しげ
に一言だけ言っていた。もう、「古典的な」意味での「反骨」記者は生存の余地がなくなっ
てきているのだろう、この戦時下のアメリカにおいては。しかし、この構造は、どこの国
でもみられたものではないのか。ただ、このアメリカにおいては、それがきわめてはっき
りと露骨にあらわれるのだ。ちょうど東京から送られてきた武田徹『戦争報道』(ちくま
新書)を読んだばかりだったので、とてもひっかかる出来事だった。これでアーネット記
者はメディアから「追放」されてしまうのだろうか?残念でかつ実に考えさせられる出来事である。


330 :名無しさん@3周年:03/04/03 22:13 ID:2ntMmku0
>>328
その韓国でも今、指紋押捺とその情報化をしたこと自体が問題であったという議論が
巻き起こっているのだそうです。
なんでも、韓国という国は北朝鮮の脅威から国家を防衛するという名目で
何年もの間軍事政権が続いて来たそうです。
その政権が、個人情報を管理する目的から身分証明書のカード化と、
その携行を義務化したのだとどこかで放送していました。
とにかくも、たとえばあなたが借りにいかがわしいと世間で思われている場所に
出入する習慣があったとすると、突然遊んでいる時に、「身分証明書を提示しろ」と
検閲にお役人が来たとしても拒む事が出来なくなるので、どこでいつ何をしていたかが
全部記録され、お役人さんにも知られてしまうということです。
人間、いくらでも叩けばほこりにつながりそうなものなど出てきますから、
お役人に勘違いされてスパイ扱いされることもあるわけです。
韓国ではそういう扱いを受けた人が訴訟したり、この制度自体を撤廃するように
要求している人も結構いるのだそうです。
案外日本では、外国人の窃盗団の犯罪を食い止めるという名目で、
本人確認と称して「虹彩」と呼ばれる、個人によって瞳の中の模様を使い、
その模様が一人一人違うことを利用しての個人情報のデータベース化が金融機関などでされ始めるのでしょう。
濫用は、人間が制度を運用する以上、無いとは言い切れないのが残念ですが。

331 :名無しさん@3周年:03/04/04 01:49 ID:qS8pJzKy
反戦狩りが始まってるもよう。

そのうち条例で言論を封じます。

332 :名無しさん@3周年:03/04/04 02:09 ID:bUtsFS/+
>>330
北の工作員が闊歩している現状ではねー濫用は運用上の問題としか言えない
日本は、北の工作員対策にと韓国政府に頼まれて指紋押捺制度してたのだし

333 :名無しさん@3周年:03/04/04 02:16 ID:9+oZe6Ld
>>323
日本もよそのことは言えないけどナー

334 :名無しさん@3周年:03/04/04 02:35 ID:+XFOJtXO
日本はいまだにマッカーサーズム

335 :名無しさん:03/04/04 08:03 ID:2s4Nh5Fy
ブッシュはお父さん子なだけだよ。
お父さんがやった業績をアメリカ国民はまったく評価せず、
すぐあとの大統領選挙では民主党に投票しやがった。
クリントン大統領はそれまでのすべて逆をやり、結果
イラクの反政府勢力も見殺しにした。。。
ブッシュ氏は父の業績にもう一段付け加えたいのだろう。
今考えるとパウエルを起用した時点でもう今回のことを
たくらんでいたのは明白。

336 :チワワ(・∀・)チンチン ◆PENIFn7jfk :03/04/04 09:14 ID:0X0aqELJ
>>333
北朝鮮は地上の楽園だという国民がいる国だったからな。

337 :名無しさん@3周年:03/04/04 10:40 ID:3qYnCQIH
戦争に対して好意的な意見が一切言えない日本のテレビもどうかと思うけどね。
主張が逆になっただけで戦前と何も変わってない。

338 :名無しさん@3周年:03/04/04 10:54 ID:z+UC7r3l
>>332
濫用はいつでも運用上の問題だよ。


339 :やじ丸:03/04/04 11:04 ID:AL1MTlxd
イラクへの攻撃は賛成です。

340 :名無しさん@3周年:03/04/04 12:02 ID:pCbcYxF9
>>329

アーネットはその日のうちに
イギリスの新聞社と契約したのではないかなあ

バークレイにいる友達が
バークレイ市が一番先に反戦をうちだしたのだが、そのあと
即座に脅迫電話・メールがてんこもりになったらしいと
いっておりました。。。。

341 :名無しさん@3周年:03/04/04 12:04 ID:k8Pj3100
>>337
フジテレビの夕方のニュースは結構米びいきだったと思われ

342 :名無しさん@3周年:03/04/04 15:22 ID:1CsrOnJi
アメリカという国は、国政上の非道や暴虐、失政、経済的破綻等についての
国家的不利益を、キリスト教の宗教原理を利用することによって国民の感情をまとめあげてきました。
しかも、そのキリスト教そのものがアメリカにおいては換骨奪胎され、まるで太古のローマ帝国のように
政治が宗教界を呑み込み、本来的なキリスト教的価値観は捻じ曲げられ、
アメリカという国家が神に承認された特別の国として世界を統治する権利を与えられたかのように
為政者の武力行使や他国に対する干渉も、このエセ宗教原理によって容認されてしまいます。
つまり、アメリカはキリスト教国というよりも、むしろ西ローマ帝国時代に起こった
キリスト教を政治的に利用する方向にはっきりと舵が切られ、今のアメリカで敷衍されているものは
まさにキリスト教ではなくて、政治家やシンボルを崇める偶像崇拝や、武力行使と戦争をためらわずに
国家的利益のためなら殺人をも容認してしまう「ローマ教」とでも例えられるかのような状況と言なくもありません。
刷り込まれた神の存在を、そっくりそのまま政治家・大統領と結び付け、
現実の人間・為政者に神から任務が与えられているというイメージ化が、
大統領演説などの式典の場面で演出されているのではないでしょうか。

343 :名無しさん@3周年:03/04/04 15:57 ID:SWlsCe+0
>>342
それってヨーロッパのキリスト教国がずーっと絶え間なくやってきたことだと思うが

344 :名無しさん@3周年:03/04/04 16:04 ID:wSedtzgN
>>343
それがまた現代に甦ったっつー事だろ。

345 :名無しさん@3周年:03/04/04 16:16 ID:1CsrOnJi
>>343,344
その通りです。
このような、歴史的に欧米が克服したかに思われていた似非キリスト教と政治の癒着が
現代に、世界最強の国家の土台の下に復活したという現象がこれからもたらす歴史が
どのようなものになってゆくかを考える時、アメリカで何が起きるのかわかるのではないかと。

サダム・フセインが排除され、イラクがアメリカに占領されるのは時間の問題でしょう。
ただし、これまで同じイスラム諸国から嫌悪されていたフセイン体制が払拭されてしまうことが
イスラム圏の反フセイン勢力を、イラク国民と結びつけ、さらには全イスラム圏での
イスラム教徒の連帯を呼び起こすことが予想されます。
つまり、事態は、どちらも宗教の原理に煽動されたイスラム対アメリカの、
終わりの見えて来ない混沌が待ち受けているということがです。

宗教には、その宗教の数だけ正義があるのですから、このような原理に動かされてしまうと、
最後には魔女狩りしか待っていない、、、、、、


346 :名無しさん@3周年:03/04/05 10:04 ID:6HQs+vOC
皮肉なことだが、マッカーシズム=トルーマン時代が日本に僥倖をもたらした。
それ以前のルーズベルト(オランダ系・白人至上主義者・ハルノーオ作成)時代
とはまるで正反対。

347 :名無しさん@3周年:03/04/05 10:07 ID:Pt+/Yu3M
確かセーラムの魔女狩も今時魔法なんてという時代に起こっていなかった?アメリカ。

348 :名無しさん@3周年:03/04/05 11:12 ID:4pokwh8C
そしてメガテンのような世界に・・

349 :名無しさん@3周年:03/04/05 11:14 ID:aufhZFom
※※ 転送自由です ※※

「反有事法制内閣を選ぼうジャパンリーグ」では、
4月5日(土)9:00から4月11日(金)21:00まで、
『プレ東京都知事選挙』と題してネット投票を行うことになりました。

 http://www11.ocn.ne.jp/~no-yuji/

東京に関わりがあるのに投票権がない人や、在日外国籍住民、未成年者など、
どなたでも参加できます。
投票権は、1台のPCから1票です。
(明らかな不正などがあった場合、管理者がその投票を無効とする場合があります)

投票結果は11日夜に最終集計し、マスコミ各社に流します。
多くの方のご参加をお待ちいたしております。


「反有事法制内閣を選ぼうジャパンリーグ」呼びかけ人(アイウエオ順)
石丸次郎(アジアプレス)落合恵子(クレヨンハウス主宰)
佐高信(評論家)佐藤信行(RAIK)謝花悦子(わびあいの里)
辛淑玉(人材育成コンサルタント)趙 博(ミュージシャン)
南風椎/はえ・しい(作家、翻訳家)花崎皋平(さっぽろ自由学校「遊」共同代表)

**********************************************


350 :名無しさん@3周年:03/04/05 15:24 ID:mXBvGgE5
>>349
戦争や選挙を、無関係なイデオロギーに利用するな


351 :名無しさん@3周年:03/04/07 22:14 ID:+VTp/qFE
>>346
今度はそうはならないだろうね…。
アメリカはただでさえ今期に赤字に割りこみそうだったのに、
戦費のせいで大変な事になる。
「世界経済の牽引役であるアメリカ経済が失速するわけにはいかない」
という理由で多大な戦費負担を要求されそうな予感。

352 :名無しさん@3周年:03/04/08 00:11 ID:hSXPt99S
>「世界経済の牽引役であるアメリカ経済が失速するわけにはいかない」
ああ…。
めちゃ言いそう(w

353 :名無しさん@3周年:03/04/08 00:13 ID:izkG227v
もう米の民主主義は死んだ
国益のために戦争起こして喜んでるキティだし

354 :名無しさん@3周年:03/04/08 00:50 ID:IIewITRc
>>335
小泉だって、おやじが安全保障条約を結んだ張本人だからこそ
親米感情が強いんだろうな。
といっても今回の米支持はその要因を除いても
日本国首相なら当然の表明と思えるが。

355 :名無しさん@3周年:03/04/14 03:27 ID:aTC+/jSy
今後は反米監視委員会が復活して、反米的な政治家や有名人は、
つぎつぎと暗殺されることだろう。日本の政治家でも例外ではあるまい。

356 :名無しさん@3周年:03/04/14 19:37 ID:RnrHiGF+
愛国心がある=反米は狩る
だな 
反米にアメリカが脅かされていると思ってるのか
もしくはキリスト教徒は9.11のWTCをバベルの塔に見立てて
アメリカが「世界中に散り散りにされる」とマジ
で思ってる・・・とか

357 :名無しさん@3周年:03/04/14 19:47 ID:tl7KgOvU
マーフィーズ ゴースト

358 :名無しさん@3周年:03/04/14 19:49 ID:f7zwyuAy
>>355
まぁ土井、管、鳩、不破、筑紫、久米あたりは
逝ってくれても超GOODオッケーなわけだが。

359 :名無しさん@3周年:03/04/14 19:57 ID:c6fYKYOd
対米貿易額(2001年、速報値)  
輸出  147,111億円(前年比  ▲4.2%)
輸入  76,715億円 (前年比  ▲1.4%)

対イラク貿易額(百万ドル、通商白書)
 1989年  1999年
輸出 491.000 35.740
輸入 1,214.000 707.912

日本から米への直接投資(資産・負債残高、国際収支ベース)
2000年末資産残高 :151,923億円(対世界に占めるシェア 47.5%)
2000年フロー :▲15,209億円(米側からの資産流出)

対イラク援助実績(1998年までの累計)
 (イ)円借款 577.51億円
 (ロ)技術協力45.42億円
   (研修員:1,074名、専門家102名他)
 (ハ)無償 約7.30億円

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html

360 :名無しさん@3周年:03/04/14 20:15 ID:Yhffntp7
日本人って弾圧とか、規制にすごく弱いからな。右へ倣え方式であっという間に
染まっちまうな。鬱だ。

361 :名無しさん@3周年:03/04/14 20:17 ID:9m8BjNCm
悪の枢軸(日独伊)→日米英 完璧だ。


362 :名無しさん@3周年:03/04/14 20:28 ID:iTBfYI1l
マッカーシズム、ユニテラリズム、ネオコン、
こんなのが今年の流行語大賞候補になったら鬱だな。

363 :名無しさん@3周年:03/04/14 20:42 ID:Nm01F70i
東京にきたらまず桐陰出身の女に要注意です彼女らはフェミニズ無教育を受けているので
男をはめるものかゴミとしか思っていません。 まず即効でハブってください。そうすれば安心した生活が
贈れますよ!






364 :U-名無しさん:03/04/14 21:34 ID:I7rtCKgr
>>362
ネオコンは日本人も大好きな4文字熟語だからな〜

365 :名無しさん@3周年:03/04/14 21:43 ID:iTBfYI1l
>>364
ゼネコンと間違える確率約88%<シルバー世代


366 :名無しさん@3周年:03/04/14 21:44 ID:vD0nmq2S
次に流行るのはバーキアン、ロッキアン、リバータリアン。

367 :名無しさん@3周年:03/04/14 23:35 ID:lZkBQ4XH
アメリカの情報操作の賜物だろ、きっとブッシュは喜んでいるよ。
煽るだけ煽ったから当然。


368 :名無しさん@3周年:03/04/15 04:05 ID:vVh/obkE
連続殺人の割合が世界でダントツに多いのはアメリカ。

369 :山崎渉:03/04/19 22:20 ID:f12wjcBk
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)